超九極(ちょうきゅうきょく) チュートピア》

超九極 チュートピア SR 光文明 (9)
進化クリーチャー:エンジェル・コマンド/侵略者 15000
進化−自分の光のクリーチャー1体の上に置く。
侵略−光のコスト9のコマンド
T・ブレイカー
誰も、手札からしかクリーチャーをバトルゾーンに出せない。
自分のクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、かわりに光のコスト9の手札を1枚捨ててもよい。

DMR-18で登場した進化エンジェル・コマンド/侵略者
の「コスト9の」コマンドからという限定的な侵略で出すことができる。誰も手札からしかクリーチャーバトルゾーンに出せなくするロック能力を持ち、さらに自軍すべてにコスト9の手札を身代わりにできる除去耐性を擬似付与する。

コストが9と重く、侵略元を出すのにも苦労する。しかし、早期に出せるコスト9のクリーチャーがいないわけではなく、

などがある。その他、【ヘブンズ・ゲート】でよく採用される大型ブロッカー《奇跡の精霊ミルザム》《封印の精霊龍 ヴァルハラ・パラディン》などがある。
その中でも《二極 シヴァイーヌ》《四極 キジトロン》の2体は特に使いやすく、《ヘブンズ・ゲート》《究極ゲート》の両方にも対応している。

出すのには一苦労だが、その分ロック除去耐性は強力。
場にあるだけで墓地マナ山札超次元ゾーンから出せなくなるので、【黒単ヘルボロフ】【イメンループ】【ドロマー超次元】革命編環境でのメジャーなデッキの多くを封じることができる。
除去耐性のためには手札を維持する必要があるため、白単なら《エンジェル・フェザー》《ジャスティス・プラン》多色デッキなら《コアクアンのおつかい》《巨大設計図》等のドローソースで事前に大量の手札を確保しておきたい。

  • 他の九極のカードとことごとく相性が悪い。このクリーチャーの手札以外のゾーンから出せない能力によって、《超九極 モモタルス》《究極ゲート》で山札の上から踏み倒すことができなくなり、《極まる侵略 G.O.D.》のマナゾーンから踏み倒す能力が使えなくなってしまう。
    • だからといって《チュートピア》はこれらが入るデッキに入らないかと言われればそうではなく、《G.O.D.》で用いる場合《チュートピア》自身の上に重ねてしまえばマナゾーンからも踏み倒すことができるようになる。フィニッシュをかける時、自軍に除去耐性付与は非常に役立つ能力となるので是非活用したい。
  • 置換効果で捨てるのは「光のコスト9の手札」のためクリーチャーに限らず呪文等も捨てることがテキスト上は可能。しかしクリーチャー以外でコスト9の光のカードは存在しないため、捨てられるのは実質クリーチャーのみである。
  • 名前から《九極 デュエンジェル》のようなイラストを彷彿とさせるが、このクリーチャーは一般的な聖霊王の外見をしている。

関連カード

収録セット

参考