超神星(ちょうしんせい)ブラックホール・サナトス》

超神星ブラックホール・サナトス SR 闇文明 (8)
進化クリーチャー:フェニックス 13000
進化GV−自分のグランド・デビル、ティラノ・ドレイク、ディープ・マリーン、ブレイブ・スピリットのいずれか3体を重ねた上に置く。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、進化クリーチャーの下にあるカードをすべて、持ち主の墓地に置く。
G・L・ゲート:グランド・デビル、ティラノ・ドレイク、ディープ・マリーン、ブレイブ・スピリット(このクリーチャーが破壊される時、墓地に置くかわりに、好きな数のグランド・デビル、ティラノ・ドレイク、ディープ・マリーン、ブレイブ・スピリットを、自分の墓地から手札に戻してもよい。そうした場合、このクリーチャーを山札の一番下に置く)
T・ブレイカー

DM-23で登場した進化GVフェニックス

cipで全ての進化クリーチャーの下にあるカードを墓地に送る。そして、このクリーチャー破壊される時、このクリーチャー特有のL・ゲートであるG・L・ゲートを使って、cipで墓地に置いた進化元を含めた大量のクリーチャー手札に戻すことができる。

バトルゾーンに出すと、1つ目の能力によって自身を含む進化クリーチャー進化元をすべて墓地に送る。この能力によって、進化元にしていたクリーチャーG・L・ゲート回収できるようになる。

相手のメテオバーン対策にもなるが、活躍する場面はかなり少ない。そもそもメテオバーンを有する進化クリーチャーが相手の場にいなければ意味がなく、進化V進化GVでもなければメテオバーンの弾は出したターン中に使ってしまっていることも多い。

もう1つのG・L・ゲートにしても、そもそもこのクリーチャー破壊されることが前提であり効率が悪い。単なるサルベージならば、《生死の天秤》《悪魔神グレイトフル・デッド》を使う方が即効性もあり確実。さらに、バウンスなど破壊以外の方法で除去されると使えないため、いまいち安定しない。

進化元を3体も要求する進化GVである上に、となるグランド・デビルには《超神星プルート・デスブリンガー》《超神星ネプチューン・シュトローム》といった強力なフェニックスが揃っており、それらに比べるとフィニッシャーとしての性能は見劣りすると言わざるを得ない。特に進化元が2つも重なっているプルートと比較すると、あちらが同パワーでコストが4も低く、即座にアドバンテージを取れるメテオバーンを有している点で大きく優れている。

ティラノ・ドレイクから進化するにしても、《覇竜凰ドルザバード》など有能なフィニッシャーは他にいくらでもいるだろう。

背景ストーリーでは不死鳥編のラスボスとして登場*1。しかし背景ストーリーの存在感とは裏腹に実用性は高くなく、不死鳥編フェニックスの中でも不遇の一枚といえる。

  • ブラックホールとは中心の密度が無限大の天体で、多くは巨大な星が死ぬ際にできる。捕まると光すら逃れることはできない。ちなみに「サナトス」(Thanatos)はギリシャ語で「死」を意味する言葉で、ギリシャ神話における死神のことでもある。

関連カード

背景ストーリーのラスボス

収録セット

参考


*1 設定だけでいえば他のラスボス達より一歩抜きんでたスペックを持つ