超聖竜(ちょうせいりゅう)ボルフェウス・ヘヴン》

超聖竜ボルフェウス・ヘヴン SR 光/火文明 (7)
進化クリーチャー:エンジェル・コマンド/アーマード・ドラゴン 13000
進化V−自分のエンジェル・コマンドまたはアーマード・ドラゴンのいずれか2体を重ねた上に置く。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の手札にある光または火の呪文を1枚、コストを支払わずに唱えてもよい。
このクリーチャーが攻撃する時、自分のシールドを1枚、墓地に置いてもよい。そうした場合、相手のクリーチャーをパワーが6000以下になるように好きな数選び、破壊する。
T・ブレイカー

DM-27で登場した進化Vエンジェル・コマンド/アーマード・ドラゴン
《ボルメテウス・武者・ドラゴン》《龍聖霊ウルフェウス》の合体クリーチャー
進化元にするエンジェル・コマンドアーマード・ドラゴンの組み合わせは制限なく、片方2体でも良い。

1つ目の能力コスト踏み倒し呪文を唱えるというもの。
踏み倒せるコストに制限がないため、《ティラノ・リンク・ノヴァ》《超銀河弾 HELL》《ラスト・バイオレンス》などの強烈な重呪文を使う夢は広がるが、《スーパー・スパーク》《スーパー炎獄スクラッパー》などでも十分に強い。

2つ目の能力は攻撃時にシールドを犠牲にして放つ6000点割り振り火力
武者ドラゴンの能力の直接的な強化版であり、汎用性が高く使いやすい。

進化元はアーマード・ドラゴンとエンジェル・コマンドを1体ずつ用意するより、どちらかに絞った方がやりやすいだろう。

  • アニメ「クロス」第30話で、T(トト)に追い詰められた勝舞の切り札として初登場。武者とウルフェウスを進化元にする、丁寧な進化と派手なCGで登場し、《インビンシブル・フォートレス》を使ってトトの残りのシールド3枚を墓地送りにし、ボルフェウスの攻撃で勝利した。アニメでの登場は現在、この話のみである。
  • 上記の事情もあってか、DMC-47プロモーション・カード版のイラストには切札 勝舞白凰が載せられている。しかしDMC-64では白凰のパックに封入されており、白凰のみである。ちなみに勝舞が光を使う事はそれなりにあるが、白凰が火を使う事は少ない。

サイクル

完全極神の合体クリーチャー。
過去のカードの能力と名前を足したカード。

関連カード

収録セット

参考