天災(ディザスター) デドダム》

天災 デドダム P 水/闇/自然文明 (3)
クリーチャー:トリニティ・コマンド/侵略者 3000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から3枚を見る。そのうちの1枚を自分の手札に加え、1枚をマナゾーンに置き、残りの1枚を墓地に置く。

DMBD-10で登場した//自然トリニティ・コマンド/侵略者

cip山札の上から3枚を見て、その中から1枚ずつ手札補充マナブースト墓地肥やしを行う。

3文明多色クリーチャーであるとはいえ、わずか3コスト《無敵死神ヘックスペイン》の能力が使えるという破格のスペック
内容としては《フェアリー・シャワー》《パイレーツ・チャージャー》《ダーク・ライフ》などの上位能力であり、マナブーストドロー墓地肥やし、加えて山札を3枚も掘り進むことが出来るサーチ的側面まで持っている。クリーチャーパワーも3000と申し分ない。

しかも//自然コマンドであり、これ1枚で全てのS級侵略者侵略に対応する。マナ基盤封印を外すカードとしても便利。

ただし、3色のため最速で召喚するには安定性に欠ける。これだけ強力であれば4ターン目以降に出しても活躍できるが、2ターン目にマナブースト出来ていればの支払いも楽になる。
後半で出した場合でもドローサーチは腐ることがない上、消費したマナ墓地のリカバリーができる。初動を担う立場でありながらも、長期戦にも優れたクリーチャーといえる。

3コスト以下ということでコスト踏み倒し手段も豊富。《激天下!シャチホコ・カイザー》《守護炎龍 レヴィヤ・ターン》《凶鬼03号 ガシャゴズラ》《禁断V モードス》など多岐に渡る。
《禁断V モードス》は同構築済みデッキ《悪魔妖精ベラドンナ》も呼び出し範囲内のため、無理なく採用できるだろう。

当然だが【青黒緑ドルマゲドン】と相性が良い。他にもを入れた【チェンジザドンジャングル】において、《怒流牙 佐助の超人》素出しマナブーストとして使う感覚で利用するのも悪くない。
侵略メイン以外のデッキでも採用できる汎用性があり、ポテンシャルは高い。

《超次元リバイヴ・ホール》《法と契約の秤》《インフェルノ・サイン》の3コストマナブースト墓地肥やしとして相性がいい。ドローサーチによって、キーパーツを手札に呼び込めるなど、シナジーを見せる。
cipを使い終えた後は、自身を進化元にして《法と契約の秤》《闇鎧亜キング・アルカディアス》を出せる。

他にも《生魂転霊》とも相性が良く、ウィニーを残すことに拘らないデッキであればそちらの種にするのも1つの選択肢になる。【青黒緑シャコガイル】など過剰なマナブーストが必要なデッキでは、こうした組み合わせも候補になるだろう。

3ターン目にこのカードを使うと、4ターン目の《獅子王の遺跡》が安定する。そのため、【5色蒼龍】にも悪くない。【黒刃鬼】で考えると、これに加えて墓地肥やしによって《「必勝」の頂 カイザー「刃鬼」》コスト踏み倒し先を補充することができる。

《Mの悪魔龍 リンネビーナス》でのリアニメイト圏内である上に《音精 ラフルル》革命チェンジ元になるため、【5色ドギラゴン剣】で使っても強力。

  • Wizards of the Coast開発部の射場本正巳によると、「開発部のザックが出した最初のデザインではcipと同様の効果の4コスト呪文であった」とのこと。参考

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMBD-10
    天才ギュウジン丸の隠された最終計画。それは「不死」「原始」「宇宙」、3つのS級侵略者を合体させ、最強のSSS級侵略者「天災」を生み出す事だったのだ!

収録セット

参考