天使(てんし)悪魔(あくま)墳墓(ふんぼ)

天使と悪魔の墳墓 R 光/闇文明 (4)
呪文
S・トリガー
バトルゾーンに同じ名前のクリーチャーが2体以上あれば、それらをすべて破壊する。その後、すべてのマナゾーンを見て、同じ名前のカードが2枚以上あれば、それらをすべて持ち主の墓地に置く。

DM-13で登場した/呪文

かなり不安定だが、一枚で複数の除去またはランデスが可能。
タイミングを見極めれば強力であるが、能動的に条件を満たすことが難しく、相手に4積みされたカードが少ないと腐ることも多い。公式戦ではありえない事だが、人数が増えるほど条件を満たしやすくなる。

だが、それでも4マナS・トリガー付きで2ランデスや2体除去を行えるのは強力で、の合うコントロールに1、2枚投入されることが多い。
特に、同名カードが揃いやすい【ヘブンズ・ゲート】【グールジェネレイド】【武者ワンショット】、各種種族デッキなどにはよく効く。

ただし、自分もこのカードの被害を受ける点には注意。
そのため、このカードを投入するなら自分のデッキに複数積まれたカードを極力減らし、自身への被害を抑える必要がある。(とは言えハイランダーに近い構成にしなくてもプレイングで十分カバーすることはできる。)
また「自分に2枚」「相手に2枚」だけでなく「自分と相手に1枚ずつ」でも反応するので、ミラーマッチなどでは注意。
逆にそれを狙って、積極的に除去ランデスを狙っていく戦術も可能。

決まれば強力ではあるが、先述の通り4枚積みでもなければ中々条件は満たされないことも多く、カード資産の少ない初心者は勿論のこと、上級者のコントロール系のデッキなども4枚積みは意外と少ない。他のカードにも言えるのだが、このカードは特に環境を読んで使うことが非常に重要である。考えも無しに使っても活躍は見込めないことを忘れてはならない。

デッキビルディングからプレイングまで、登場から常に環境に大きな影響を与えているカードである。その特徴から、これからもこのカードのことを意識していくことになるだろう。

収録セット

参考