天守閣(てんしゅかく) 龍王武陣(りゅうおうむじん)

天守閣 龍王武陣 R 火文明 (5)
呪文
S・トリガー
自分の山札の上から5枚を見る。その中から火のクリーチャーを1体、相手に見せ、そのクリーチャーのパワー以下の相手のクリーチャーを1体破壊してもよい。
マナ武装 5:自分のマナゾーンに火のカードが5枚以上あれば、その見せたカードを自分の手札に加える。
自分の山札をシャッフルする。

DMR-13で登場したS・トリガー呪文
火力に加え、マナ武装手札補充ができる。

マナ武装の条件を満たしていると、この効果で見せたクリーチャーを手札に加えることができる。除去手札補充を兼ね備えた、文明版の《ドンドン吸い込むナウ》といったスペック。火文明の手札補充は貴重なため、火が主軸のデッキでは新たな除去の選択肢となっている。

火力については自分の山札の上から5枚の中にあるクリーチャーパワーに依存するため、やや癖が強い。上から5枚の中に文明かつクリーチャー、それも破壊したいクリーチャー以上のパワーを持つクリーチャーが無ければならないので、安定した高火力を発揮するには【準赤単】【連ドラ】などファッティをふんだんに盛り込んだデッキが良いだろう。8000もあれば大半の敵を破壊でき、12000〜13000ならばほぼ確定除去に近くなる。特に《偽りの王 モーツァルト》《偽りの王 ヴィルヘルム》は汎用性が高いため組み込みやすく、パワーも高いので優秀である。

強力なタップイン能力を持つ《永遠のリュウセイ・カイザー》呪文で除去できるようになったのは大きい。マナ武装の条件を満たしていれば、フィニッシャーとなる《二刀龍覇 グレンモルト「王」》《勝利宣言 鬼丸「覇」》を持ってくるついでに破壊することができる。

  • 破壊をする段階では見ているカードも選んだカードも山札の中の扱いであり順番は変わっていない《超奇天烈 マスターG》を破壊対象にした時などに関わってくる。この場合《マスターG》の能力で見せる山札の1番上のカードとは、見ていたカードの1枚目である。
    • 《龍王武陣》で1枚目を相手に見せた場合、その1枚目のカードのコストを相手にバラすことになるため、どんなに高パワーだったとしても必然的に《マスターG》の破壊を防がれることになる。そればかりか、《マスターG》の能力によってその1枚目はマナ武装5を解決する前に山札の下に送られてしまうため、マナ武装を満たしていても手札に加えることができなくなる。《マスターG》を破壊対象に取る場合は必ず2枚目以降の4枚の中から選ばないとアドバンテージを稼ぐことはできない。
    • 見ているカードは非公開情報であるため、並び順の扱いは慎重に。
  • Dramatic Cardに描かれている「銀河爆熱斬」は漫画「デュエル・マスターズSAGA」でのグレンモルトの必殺技の名前。

サイクル

DMR-13の呪文サイクル。すべてが「マナ武装 5」を持つ。

関連カード

収録セット

参考