伝説(でんせつ)正体(しょうたい) ギュウジン(まる)

伝説の正体 ギュウジン丸 LEG 水文明 (71)
クリーチャー:ジ・アンサー 71000
天才シンパシー:水のクリーチャー(このクリーチャーの召喚コストは、バトルゾーンにある自分の水のクリーチャー1体につき10少なくなる。ただしコストは0以下にならない)
ワールド・ブレイカー
このクリーチャーが召喚されてバトルゾーンに出た時、相手は自身のクリーチャーをすべて山札に加えてシャッフルする。相手がこうして6体以上山札に加えたなら、自分はゲームに勝つ。

DMR-20で登場したジ・アンサー

文明初、また非進化としても初のレジェンドカードであり、《正体不明》の正体。

その能力召喚されて場に出た時に相手のクリーチャーをすべて問答無用で山札送りにし、さらに巻き込んだクリーチャーの数が6体以上なら即エクストラウィンが発動してしまうという強烈なもの。

能力の性質から【バニラビート】【九極侵略】など、大量展開を勝ち筋とするデッキ相手に出せれば、それだけで勝負が決まってしまう事もありうる。この手のカードの天敵の一つである《不敗のダイハード・リュウセイ》などの勝利そのものを阻止できるクリーチャーも、能力発動前に山札送りにしてしまえる。

仮にエクストラウィンが発動せずとも、パワー71000のワールド・ブレイカーという《極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド》をも超えるサイズも兼ね備えており、全体除去効果も相まってエンドカードとして十分すぎる1体といえる。

強力な能力の代償としてか、71というサイキック・クリーチャーも真っ青の途方もないコストを持っており、普通にプレイしていては出すことはまず不可能。目玉のcip召喚でないと発動しないため、通常のコスト踏み倒しで出すと巨大なワールド・ブレイカー持ちが出るだけで終わってしまう。

しかし、専用能力天才シンパシーによりクリーチャー1体につきコストを10軽減できる。単純に考えてクリーチャーが7体あればたったの1コストで出す事ができ、6体でもコスト11と、依然高くはあるものの現実的な数値までコストを下げられる。

また、同エキスパンション《イッツ・ショータイム》とはデザイナーズコンボを形成しており、そちらの効果でほぼ確実にコスト踏み倒し召喚できる。同時に相手にも大量のクリーチャーコスト踏み倒しの機会を与えるため、相手の判断次第ではエクストラウィンを決めることも夢ではない。

横に並ぶGR召喚を多用するデッキならば刺さるかもしれない。ただ、そのような運用をする場合はより軽く運用性も高い《ア・ストラ・ゼーレ》の存在が気がかりか。

環境において

登場当初は青単でない限り召喚が困難であったこと、大量展開するデッキが主流ではなくエクストラウィンが達成しづらかったことなどから腐る場面が多く、オーバーキルなロマンカードの域を出なかった。
しかし《ベイB ジャック》が登場すると【バニラジャック】における全体除去を受けた後の保険たる打点と全体除去を担うカードとして注目された。実際のところ、最速3ターンで勝利できる【バニラジャック】は店舗大会チャンピオンシップでもそこそこ活躍した。

「デュエル・マスターズグランプリ-5th」でベスト64に入賞したデッキに【星龍の記憶】のギミックを軸とした【オールデリート】があり、そのデッキに2枚投入されていた。このように大型大会でも採用実績を残すなど、登場当初より評価は確実に上がっている。

後に超天篇GR召喚が登場すると超GRGRクリーチャーで固めたランデスデッキに挿されるケースも見られ、DMEX-07期にはこれを2枚投入した《Wave All ウェイボール》《Wave ウェイブ》軸のランデスデッキがチャンピオンシップ4位入賞を果たしている。

背景ストーリーにおいて

革命編の黒幕として登場。

革命編の中期から《正体不明》という存在が暗躍していたことが仄めかされていたが、その《正体不明》の正体こそがこの《伝説の正体 ギュウジン丸》その人である。

《ギュウジン丸》は天才科学者であるが、革命編が始まる遥か昔にその天才的な頭脳を危惧されてランド大陸を追放された。その後、「天才が世界を支配する事は当たり前である」という考えを持つ彼は、海底都市で長年に渡り世界征服を企み、革命編に姿を表す。

革命編の序盤に侵略者に目覚めた者が表れたのは、彼がばら撒いたウイルスによるものである。《伝説の禁断 ドキンダムX》封印が解かれたのも彼が仕組んだことである。つまり、革命編の争いの元凶であり、侵略者たちも《ギュウジン丸》の犠牲者と言える。

《ミラクル・ミラダンテ》革命軍の前に正体を明かした後は、すぐに戦線に立つことはせず、感染した者は無条件で革命軍を裏切るようになる最終侵略ウイルスをばら撒き、革命軍を同士討ちさせるという卑劣極まりない手段で革命軍を崩していった。その後、壁の雪山に行き、またしても最終侵略ウイルスをばら撒くも、《ドギラゴン》と《ミラダンテ》が発動した《完全防御革命》により、最終侵略ウイルスを防がれいよいよ追い詰められる。

そして、ついに自身が戦うことになり、いざ前線へ立ったその時、《ドキンダムX》の槍に貫かれ、あっさり絶命してしまった。長年に渡る計画を、自身が復活させた《ドキンダムX》に打ち砕かれるという自業自得以外のなにものでもない無様な最期を迎える。

黒幕である彼が死んだものの、革命ファイナルでも《ドキンダムX》は暴走を続けたため、革命編のストーリーはバッドエンドで終わる。

革命編では、諸悪の根源とされていた彼だが、実はさらなる根源がいたことが革命ファイナルにて判明した。

実は、彼が世界征服を企むようになったのは、初めて世界に飛来した《ドキンダムX》が世界に悪意をばら撒くことによって、才能に溺れてしまったことが原因だった。しかも、それは革命ファイナルのラスボスがそう仕向けたものであったため、彼もまた犠牲者だったのだ。

なお、革命ファイナルでは彼の使っていた研究室が禁断の力に触れD2フィールドとなった事が明かされた。そこでは第2の禁断として《禁断機関 VV-8》が復活している。これもやつが仕組んだのかもしれない。

その後、《天災 デドダム》フレーバーテキストにて彼が最終計画として、「不死」「原始」「宇宙」の3つのS級侵略者を合体させて、最強のSSS級侵略者「天災」を生み出すことを企てていたことが判明した。

余談

  • このクリーチャーは邪藩 牛次郎をモデルにしたクリーチャーである。人気投票で、票を入れる人物が本人以外いなかった不人気キャラをモデルにしたクリーチャーが背景ストーリーの黒幕を務めるなど誰が予想しただろうか。また、卑劣な作戦を行いながら慢心から油断し、自行自得な結末を迎える様はまさにモデルそっくりである。
  • 自分が利用しようとしていたクリーチャーに不意打ちで倒されるという結末であったが、DMR-20のCMの牛次郎のナレーションでは手に持つ銃から放つビームで惑星ごと消しされる事が判明している。歴代の文明クリーチャー内でも実力と科学力は非常に高く、決して弱いクリーチャーではないのは間違いないようだ。ゲーム上でのパワーも71000とかなり高く、能力も相手のクリーチャーをすべて山札送りにするというラスボスに相応しい豪快なものである。弱くないどころか、背景ストーリーの歴代の悪の親玉の中でも強い部類に入ると思われる。それほどまでに《ドキンダムX》が強すぎたということだろう。
  • 《ドキンダムX》の槍に貫かれたものは封印されるはずなのだが、彼はなぜか死亡している。
  • 本人が亡くなっているにも関わらず世界に未曾有の危機を齎し続ける辺りはどことなく《暗黒皇グレイテスト・シーザー》を彷彿とさせる。もっとも、与えた被害という点ではシーザーには遠く及ばない。

その他

  • そのカラーリングやロボットのような外観から、カード名の元ネタは「魔神英雄伝ワタル」の「魔神龍神丸」であると思われる。またアニメVSRでは牛次郎がこのクリーチャー召喚する際に終焉の魔神とも呼んでいる。

関連カード

背景ストーリーのラスボス的存在

フレーバーテキスト

  • DMR-20
    ワタシこそが真の天才だ! ---伝説の正体 ギュウジン丸

収録セット

参考