(いか)りの赤髭(あかひげ) ゴセントラス/目覚(めざ)めし鋼牙(こうが)のブレイン》

怒りの赤髭 ゴセントラス SR 水文明 (7)
クリーチャー:ムートピア 7000
G・ゼロ:自分の墓地に呪文が10枚以上あれば、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。
ブロッカー
W・ブレイカー
目覚めし鋼牙のブレイン SR 水文明 (5)
呪文
カードを5枚まで引き、その後、手札を3枚捨てる。

DMEX-02で登場したムートピアブレイン呪文ツインパクト

クリーチャー面はG・ゼロ能力を持ち、自分の墓地呪文が10枚以上あれば、コストを支払わずに召喚できる。
呪文面はカードを5枚まで引き、その後、自分の手札を3枚捨てる効果を持つ。

クリーチャー面はと言うとG・ゼロ召喚できるが、そうまでしてバトルゾーンに出せるのが準バニラブロッカーと言う今更感溢れるスペック
《百万超邪 クロスファイア》などは攻撃的な能力を併せ持ったために強かったが、このクリーチャーは防御的な能力のために相手に対する圧力が弱めなのが欠点。
《絶海の虎将 ティガウォック》のように条件さえ満たせればG・ゼロで連続召喚ができる点を上手く利用したいところ。
能力は弱めとはいえ、ツインパクトの増加により呪文クリーチャー墓地に揃えやすくなったため、最近の【墓地ソース】でもこちらの面を使える機会が増えているので侮ってはならない。
このカードが登場した時点では懐かしいデッキとなった【フェルナンドVII世】なら比較的簡単に出せるラインであるので、決して悪くない。

一方、呪文面は《スクランブル・タイフーン》と全く同じもの。クリーチャーでもある事がデメリットにならなければ向こうの上位互換である。名前にブレインも付いているので《遣宮使 ネオンクス/ネオ・ブレイン》能力トリガーする事も出来る。

  • 名前の由来は、最もポピュラーなピラニアの学名である、パイゴセントラス・ナッテリー(Pygocentrus nattereri)だろうか。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考