二極(にきょく) シヴァイーヌ》

二極 シヴァイーヌ P 光文明 (9)
クリーチャー:エンジェル・コマンド/侵略者 5500
S・バック−コスト9の光のカード
ブロッカー

DMD-28で登場したエンジェル・コマンド/侵略者

コスト9のを指定するS・バックを持つブロッカー

《瞬防の精霊龍 サドニアラス》よりサイズが大きく攻撃可能なブロッカーだが、あちらと違いS・バックの条件にコスト9が追加されているため、白単でも専用デッキでなければほとんど発動させることができない。
コスト9でもでなければS・バックは使えないため、入るデッキは必然的に【九極侵略】になるだろう。

S・バックによる出現のため、シールドブレイクされた時はもちろん、シールド回収でもヒットすれば呼び出すことができる。だと《宝珠の精霊龍 ロゼッタ》《音感の精霊龍 エメラルーダ》などでシールド回収が可能。他の文明を含めたら《エメラル》《ハッピーとラッキーの一撃》などが候補に入るだろう。
変わったところでは《ハピネス・ベル》辺りも候補に入るか。(ただし、《ハピネス・ベル》回収するタイミングは自分のターンのはじめなので、召喚酔いで出る)

コスト9のコマンドなので殴れば侵略でき、《ヘブンズ・ゲート》《究極ゲート》の両方に対応し、危機のところを守ったりと淡白なスペックながらも【九極侵略】の中枢を担う重要クリーチャー
さらにパワーが5000より大きいので《暴走龍 5000GT》ロックされない。シールドブレイクされた返しのターンで超九極に侵略できればそのまま殴り倒せる。

基本的に各種九極シリーズなどコスト9のを採用していけばS・バックのヒット率も上がっていいのだが、入れすぎると当然ながらデッキマナカーブが偏りすぎるため、よほど極端なデッキでなければある程度枚数を調節しなければならないだろう。
デッキに入れるならS・トリガーバトルゾーンに出せる《閃光の守護者ホーリー》《一極 マウチュ》、実質4マナで出せる《四極 キジトロン》など、序盤の防御札にもS・バックの種にも成り得るこれらは必須カードと言える。

  • 侵略者だが《時の玉 ミラク》などシールド回収効果を持った革命軍クリ―チャーと相性がいい。
  • 名前の由来は桃太郎のお供の犬だろう。犬種は「シヴァイーヌ=柴犬」だろうか。

関連カード

収録セット

参考