熱血星龍(ねっけつせいりゅう) ガイギンガ》

熱血星龍 ガイギンガ WVC 火文明 (7)
ドラグハート・クリーチャー:ガイアール・コマンド・ドラゴン 9000+
スピードアタッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーが龍解した時、相手のパワー7000以下のクリーチャーを1体破壊する。
バトル中、このクリーチャーのパワーは+4000される。
相手がこのクリーチャーを選んだ時、このターンの後にもう一度自分のターンを行う。
龍解前⇒《銀河大剣 ガイハート》

DMR-13で登場したダブルビクトリーを持つドラグハートガイアール・コマンド・ドラゴン

《銀河大剣 ガイハート》龍解後の姿である。

スピードアタッカーW・ブレイカーバトル時中のパンプアップ能力を持ち、龍解時に相手のパワー7000以下のクリーチャーを1体破壊する。また、自身が選ばれた時にトリガーするエクストラターン能力を持ち、擬似的なアンタッチャブルでもある。

《銀河大剣 ガイハート》能力により、事前に攻撃できるクリーチャーを用意していれば、バトルゾーンに出したターン中の龍解が可能である。龍解すればスピードアタッカーにより即座に攻撃が可能であり、ドラグナー→《熱血星龍 ガイギンガ》の怒涛の連続攻撃を繰り出す。初のダブルビクトリーに相応しい強力なカードと言えるだろう。

呼び出せるドラグナーのうち、最も軽いのはコスト6の《龍覇 グレンモルト》《シビレアシダケ》or《大冒犬ヤッタルワン》or《幻緑の双月》or《一撃奪取 トップギア》《フェアリー・ギフト》《龍覇 グレンモルト》と繋げることで最速3ターン目に龍解させることができる。
また、マナ武装5と龍マナ武装5を満たした《超戦龍覇 モルト NEXT》に装備すると、バトルゾーンに自分の他のクリーチャーがいない状況からでも即座に2回攻撃を行い、龍解させることができる。

  • このカードの対策としては、やはり龍解させないということが基本となる。特に早期に出てくる場合、相手は2体しかいないので1体目の攻撃のうちに《銀河大剣 ガイハート》を装備しているクリーチャーを除去するか、2体目を除去またはタップするなどで足止めする必要がある。自分のタップされているクリーチャーがいない場合、1度目の攻撃は必ずプレイヤーへの攻撃なので、S・トリガーS・バックに頼ることになる。最速パターンに間に合い2体目を足止めできるシノビ《光牙忍ライデン》のみである。龍解された場合、エクストラターンを与えずに除去するには相手に選ばせるタイプの除去も有効であるが、龍解した時点で2〜3体は確実に並んでいるのであまり期待できないだろう。
  • 相手のターンに自分のこのクリーチャーが選ばれた場合、相手のターン→自分の追加ターン→自分の通常ターンという手順となる。
  • シークレットカードが3種類存在する。1つは青白くなっており「熱血星龍」と文字が描かれDramatic Cardのような仕様に、もう1つは金色のような色違いで、最後のもう1つは体が赤くなっており赤いエフェクトが追加されMODE→CHANGEのようになっている。
  • 大型弾であり、ビクトリーを超えるレアリティ、そのレアリティに相応しい強さを持つこともあって市場価格が過去最大級の高騰ぶりを見せている。封入率も1カートンに1,2枚と低く、シークレットに関しては1/3の確率となっている。発売から3ヶ月ほど経って半額以下にまで落ち着いたが、全体的に見るとまだまだ高い。
  • アニメ、漫画では共に切札 勝太の切り札として使われている。どちらもこのカードを滝川 るるが見つけている。ちなみにガイギンガのエクストラターン効果が活用されたのは今のところアニメでのべんちゃん戦のみ。
    • アニメ「VS」では時期の関係ですぐに新たなドラグハートが登場してしまうためか、ドラグハートのほとんどが1・2回程度しか使われることなく登場しなくなっている一方、このカードだけは新たなドラグハートが登場してもなお高い頻度で使用されている。《最強熱血 オウギンガ》の能力でたびたび呼び出されているのもこのカードであり、45話のデュエマ甲子園決勝戦のラストにおいても《超戦龍覇 モルト NEXT》から呼び出したこのカードが決め手となっており、ドラゴン・サーガおよび「VS」を象徴する重要な存在として扱われていることが分かる。
    • 漫画ではコジローに穴を開けられ、使用出来なくなってしまった。その後、バサラとの最終決戦において使用された際には、穴の開いた部分がテープで塞がれていた。
  • 「デュエル・マスターズ パーフェクト ルール BOOK」ではリキムの切り札として登場。
    • 「大1章 レッツ・デュエル!!」ではユウが手に持っていた風に飛ばされてしまうが、川に飛び込んだリキムが見事にキャッチ。その後、無事に濡れずに済んだことや魅力に見せられた彼はデュエリストとして目覚める切っ掛けとなった。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考