熱血龍(ねっけつりゅう) メッタギルス》

熱血龍 メッタギルス R 火文明 (7)
クリーチャー:ガイアール・コマンド・ドラゴン 6000
マナ武装 5:自分のマナゾーンに火のカードが5枚以上あれば、このクリーチャーは「S・トリガー」を得る。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある相手の、コスト5以下の進化ではないカードを1枚選び、持ち主の墓地に置く。
W・ブレイカー

DMR-16極で登場したガイアール・コマンド・ドラゴン
マナ武装5でS・トリガーを得、バトルゾーンに出た時に相手のコスト5以下の進化ではないカード1枚を墓地に置くcip能力を持つ。

特筆すべきはドラゴンS・トリガーという点であり、《ジャジャーン・カイザー》《熱血龍 バトクロス・バトル》に続き3体目となる。
これらと異なる点はW・ブレイカーを持つにも関わらずデメリットを持たない点。
強いていうのであればマナ武装5という条件なのだが、主に入る場所となる【連ドラ】は火のドラゴンが多くなりがちなので問題なく達成できるだろう。
さらにcip除去も持ち合わせており、コスト5以下のカードを除去できる。
カード指定除去なので、フォートレスD2フィールド対策にも悪くない。

  • 《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》の登場によってカウンター札として多少なれど需要が拡大した1枚。S・トリガーが条件付きであり、カードパワー自体がコスト相応であるという短所はあるものの、《バトクロス》と合わせて8枚体制にすることによって《世界最後の日》を禁断爆発させるのが容易にはなった。
    • DMRP-03期になると【モルト NEXT】の防御札として浸透したようであり、「デュエルマスターズアーキタイプ通信 Vol.18」では「デュエル・マスターズグランプリ-5th」での採用率が決して低くないことを伝えている。
  • 名前の由来は同じくコストに依存してクリーチャーを破壊する《めった切り・スクラッパー》だろうか。あちらとは違い、複数破壊できない代わりにクリーチャー以外も破壊できる。

サイクル

DMR-16極マナ武装5でS・トリガーを得るコマンド・ドラゴンサイクル。以外はcipで相手のコスト5以下の非進化カード1枚を除去できる。

関連カード

収録セット

参考


Last-modified: 2018-10-28 (日) 14:27:56