()えるデット・ソード》

燃えるデット・ソード SR 無色[ジョーカーズ] (9)
クリーチャー:ジョーカーズ/スペシャルズ 12000
T・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンまたはマナゾーンに自分のジョーカーズが合計4枚以上あれば、相手はバトルゾーン、マナゾーン、手札から自身のカードを1枚ずつ選び、好きな順序で山札の一番下に置く。その後、自分はカードを3枚引く。

DMRP-01で登場したジョーカーズ/スペシャルズ

cipで相手のカードを3枚山札送り、自身は3枚のドローを行う能力を持つ。

一度に6枚ものカードに干渉できる上、除去ランデスハンデスドローと、かなり多くの仕事を1枚でこなせる強力なクリーチャー。味方ジョーカーズを4枚用意するという条件付きだが、自身も頭数に含まれるので実質的には3枚で済む。まともにコストを払って出すのなら、条件を達成できない場面は少ないだろう。

しかも山札の下に置くため、pigマッドネスは誘発しない。メタを張られにくいためフィニッシュ手段としては優秀。

難点はやはりそのコストの重さ。《ヤッタレマン》《パーリ騎士》を活用しても、9マナはそう易々と出せるものではない。現時点でこのクリーチャーを使うには《戦慄のプレリュード》によるサポートはほぼ必須か。

環境において

他のジョーカーズと比べて堅実な妨害・ドロ−のアド能力がウリだが、登場当初は評価は低かった。
何より重いのが弱点であり、このカードを出すなら《ジョリー・ザ・ジョニー》《超特Q ダンガンオー》など、直接相手を倒しに行けるフィニッシャーを使用したほうが手っ取り早く勝利を決めることができたからである。
後に《ジョット・ガン・ジョラゴン》が登場し、ジョラゴン・ビッグ1で手札から捨てることによりマナコストの問題は解決できるようになったものの、当初の【ジョット・ガン・ジョラゴン】《アイアン・マンハッタン》《ゲラッチョ男爵》などを使って出たターンに1ショットキルを行う戦術が主流であり、評価を覆すには至らなかった。

しかし環境が速攻に支配されるにつれ対策として1ターンを確実に凌ぐS・トリガーが増えてくると「1枚はS・トリガー踏んでターンを凌がれることを想定するならば、そうした時にこそこのカードの妨害性能が光る。」という考えからこのカードを採用したデッキが登場。ジョラゴン・ビッグ1でこのカードのcipループさせれば盤面もマナゾーンも一掃することができ、後は《キング・ザ・スロットン7》のcipによるコスト踏み倒しを相手のシステムクリーチャーに邪魔されず使うことができ、そのまま安全な勝利に迎える。ハンデスと除去に弱いデッキ相手に早期にcipを使えれば、《ジョット・ガン・ジョラゴン》などでブレイクしながら1回その能力を使っただけで勝負が決まることもある。
DMRP-07発売直前のチャンピオンシップではこれを投入した【ジョット・ガン・ジョラゴン】の4位以内入賞が相次ぎ、ついに《燃えるデット・ソード》が日の目を見るようになった。

2019年7月1日に《ガヨウ神》殿堂入りに指定されて以降は【ジョラゴンループ】が実際の対戦上回しづらくなったため、これを3枚投入しつつ、ただひたすら1ターンずつ《ジョット・ガン・ジョラゴン》を並べながらジョラゴン・ビッグ1でこのカード能力を使うというゲーム運びもよく見られるようになった。【チェンジザドンジャングル】などこのカードによるランデスを連打しながらビートダウンするだけで勝負が決まるデッキタイプも依然として多いため、このカードを規制すべきであったのではという声もあった。

ルール

他のカードとの相性

その他

  • カード名は《デッ「ド」・ソード》ではなく《デッ「」・ソード》なので、《時空の賢者ランブル》で選ぶ際や表記間違いには注意したい。ちなみにデット(debt)とは英語で「借金」の意味である。このカードは読者公募カードなので応募した子が間違えてしまったのだろう。
    • もっとも、ベッドやバッグなど促音の後に濁音が来る単語は総じて日本人には発音しにくいため、清音化される事がよくある。

関連カード

収録セット

参考


公式Q&A

Q.《燃えるデット・ソード》がバトルゾーンに出た時にジョーカーズが合計4枚以上なかった時、カードを3枚引くことは出来ますか?
A.はい。ジョーカーズの枚数を参照するのは相手のクリーチャーを山札の下に置く効果だけです。カードを引く効果は別の文章ですので条件を満たさなくても3枚引くことが出来ます。
引用元