破壊神(はかいしん)デスペラード》

破壊神デスペラード P 闇/火文明 (8)
クリーチャー:ゴッド 5000+
トライ・G・リンク:《龍神ヘヴィ》の右横または《龍神メタル》の左横。
このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーよりパワーが小さい相手のクリーチャーをすべて破壊する。
このクリーチャーは、このカードにリンクしているカード1枚につき、シールドをさらにひとつ追加でブレイクする。

DMX-21で登場した/ゴッド

ヘヴィ・デス・メタルの核である《破壊神デス》の新たな姿。

本家の強みであったトライ・G・リンク達成時の全体除去ワールド・ブレイカーアンタッチャブル化がなくなり、代わりに自身のパワーに応じた全体火力を放つアタックトリガーと、リンク時の追加ブレイク能力が付いた。
素のパワーは半分以下となり、スピードアタッカーすらも無くなっている。

一見するとかなり弱体化したようにも見えるが、2コスト軽くなった事に加えて、3体リンクしなくても能力が発動できるようになったため、使い勝手は大きく向上している。《破壊神デス》サポートも受けることが可能。

アタックトリガーは単体では実質パワー4500までしか除去できないが、《龍神ヘヴィ》とリンクする事で9500、《龍神メタル》では11500まで範囲が増大し、3体リンクすれば16500にまで除去範囲が広がる。
本家ほどではないものの、ここまで来れば大概のクリーチャーを一掃できるだろう。
またこのアタックトリガーは本家《破壊神デス》の破壊能力と違い、ゴッドも破壊することが可能。3体リンクしてしまえばリンクしたゴッドも簡単に破壊できる。

《龍神ヘヴィ》リンク時でも相手クリーチャー攻撃を誘うことにより、それ以下のパワークリーチャー破壊できる。《デスペラード》は《ヘヴィ》の苦手とするスレイヤー攻撃できないブロッカーをも一掃するほか、単体でも能力を発動できる点、相手のターンを跨がない点が優秀である。

追加ブレイクにより突破力も上昇する。《龍神メタル》がリンク時T・ブレイカーを持つため、《龍神メタル》とリンクするだけで実質的にQ・ブレイカーとなる。3体リンクが完成すればブレイク数は5枚に増え、ほぼ本家と同じワールド・ブレイカー状態となる。

ただし、厳密にはワールド・ブレイカーではないので、相手のシールド追加などで決定力が落ちる事もある。その場合は状況を見て、事前に数枚だけ他のクリーチャーでシールドをブレイクしておくのも手である。

難点はやはり、このクリーチャー自身が単体ではあまり強くない事か。アタックトリガーも単体では8コストに見合う効果とは言いがたいので、リンク先を事前に出しておくか、《ゴッド・オブ・ゼット》などで複数同時に出すと良いだろう。

また、《破壊神デス》と違いアンタッチャブルではないので、場持ちの良さではどうしても引けをとってしまう。一応G・リンクによって多少の除去耐性は得られるが、それでも本家ほどの打たれ強さはないので、リンクが完成次第一気に攻めきるか、同時収録の《デスメタ・ルピア》などと組み合わせて補いたい。

  • カード名の「デスペラード(Desperado)」とは、英語で「ならず者」「無法者」「犯罪者」といった意味。また、ゴッドに洋楽に由来する名前が多いことを踏まえれば、ロックバンド「イーグルス」による同名の楽曲を引用したものとも考えられる。いずれにせよ「《デス》(death、死)」や(音楽ジャンルとしての)「《ヘヴィ・メタル》」「《デス・メタル》」とは直接的な関係が薄い。

関連カード

収録セット

参考