白皇世(はくおうぜ)意志(いし) 御嶺(みれい)

白皇世の意志 御嶺 SR 光文明 (4)
GRクリーチャー:メタリカ/ワンダフォース 25000
自分の超GRにカードがあれば、このクリーチャーは攻撃できず、バトルゾーンを離れる時、かわりにとどまる。
ワールド・ブレイカー(このクリーチャーは相手のシールドをすべてブレイクする)

DMRP-11で登場したメタリカ/ワンダフォースGRクリーチャー
ワールド・ブレイカーを持っているが超GRを空にしなければ攻撃できないデメリットを持つ。

しかし、超GRにカードが1枚でもあれば、対価なし置換効果でバトルゾーンを離れないという耐性が付いてくる。
この除去耐性はシールド・フォースが不要になった《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》、あるいはパワー低下でも破壊されない《光器パーフェクト・マドンナ》である。
パワーも25000あり、《KAMASE-BURN!》などのパワーを利用する能力とも相性がよく、GRクリーチャーらしからぬスペックを誇る。

とにかくほぼ常時発動する除去耐性が凶悪であり、さまざまなコンボが考えられる。
例えば、このクリーチャーにオレガ・オーラを付けると、オーラの除去手段のひとつであるクリーチャーごとどかすという手段を断つことができてしまう。
《無修羅デジルムカデ》を付ければ耐性タップインが合わさって相手の攻め手を大幅に削ぐことができ、《ア・ストラ・ゼーレ》をつければパワー31000未満の相手クリーチャーをすべてバウンスできる*1
素直に耐性持ちの大型クリーチャーとして運用してもいいだろう。《轟く侵略 レッドゾーン》《学校男》などの除去能力を完全に腐らすことができ、《Dの牢閣 メメント守神宮》を張ればスレイヤー相打ちをとられることもない巨大ブロッカーになる。

これだけでも十分活躍できるのだが、あえて攻撃に使いたいのであれば《二重音奏 サクスメロディ》《幸運の精霊ファイブスター》《音奏 ハイオリーダ》コンボなど、大量にGR召喚できる手段と組み合わせる必要がある。
ダイヤモンド状態にして攻撃制限を無効化するのもよいだろう。

  • 欠点らしい欠点は、GRクリーチャーのためサーチができないこと。目当てのGRクリーチャーを出すには12連GR召喚するというのが常套手段だが、このクリーチャーの場合は超GRを全部使ってしまうと除去耐性が消えてしまう。
  • メタリカの名前には当て字で架空の熟語が多く存在しているが、「御嶺」に関しては「御嶺山古墳(ごりょうやまこふん)」というものが実在してる。そちらを「みれいやまこふん」とか「みれいざんこふん」と読んでしまわないように。
  • カード名の由来は19世紀のイギリスの画家・ジョン・エヴァレット・ミレーと思われる。ミレイと表記されることも多い。

フレーバーテキスト

  • DMRP-11
    黒い雲から飛来するを食い止めて音楽祭を無事続けるために、空を支えられるほど巨大なGRクリーチャーが生み出された。

収録セット

参考


*1 DMRP-11時点では、素のパワーだと《終焉の禁断 ドルマゲドンX》《伝説の禁断 ドキンダムX》《伝説の正体 ギュウジン丸》《極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド》《超覚醒ラスト・ストーム XX》《無限の銃刃 ダン・クローリー》《世紀末ヘヴィ・デス・メタル》《シャチホコ・GOLDEN・ドラゴン》《「我」の極 エゴイスト》を除いたクリーチャーが対象となる