爆炎(ばくえん)シューター マッカラン》

爆炎シューター マッカラン C 火文明 (3)
クリーチャー:ヒューマノイド爆 3000+
マナ武装 3:このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分のマナゾーンに火のカードが3枚以上あれば、バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選んでもよい。そうした場合、その選んだクリーチャーとこのクリーチャーをバトルさせる。
バトル中、このクリーチャーのパワーは+1000される。

デュエル・マスターズVS スペシャル・スタートBOOK付録として先行登場し、DMR-13に収録されたヒューマノイド爆

能力マナ武装」を持ち、自分のマナゾーンカードが3枚以上あればcipで相手のクリーチャーバトルすることができる能力を持つ。
さらにバトル中はパワーが+1000される。

パンプアップ強制バトルによって、たった3コストながらパワー4000までの相手を破壊できるのは言わずもがな強力。
ただしマナ武装の関係上、入るデッキ文明がメインのものに限られる。
よって赤単が主な活躍場所となるが、《鬼切丸》等と違い他文明が入っていても構わないので、を絡めることが多いヒューマノイドデッキにも問題なく投入できる。
3コスト火力としてはかなり大きいため、【速攻】除去要因として活躍できるだろう。

同じ3コスト《革命の鉄拳》はデッキ構築によっては10000を超える火力を難なく叩き出すことができるが、呪文メタに引っかかる、唱えた後にこの呪文自身を山札に加える能力により回収など再利用が困難、クリーチャーが残らないなど、《マッカラン》と《革命の鉄拳》とは単純に優劣を比較し難い。

似た能力を持つクリーチャー《ナグナグ・チュリス》がいる。マナ武装ではなくなったがバトル中のパンプアップがなくなっている。
実質コストが1コスト上のクリーチャーには遥かに汎用性が高く、そのターンが終わるとほぼ破壊されるが構築を縛る必要が無い《“乱振”舞神 G・W・D》が存在する。こちらは多少相手のシールドをブレイクする利点を持つが、逆を言うと相手の手札を1枚増やしたり、S・トリガー発動のきっかけを与える欠点でもある。
どれも一長一短だが、《“乱振”舞神 G・W・D》の登場以降はそちらにお株を奪われている。ただ、種族ヒューマノイドがあるこちらは【赤単ガトリング】では《“乱振”舞神 G・W・D》で代用できない存在であり続けている。

  • デュエル・マスターズVS スペシャル・スタートBOOKにはこのカードが2枚付いているので、2冊買うと丁度4枚揃えられる。とは言え、このカードにはコモンのマークが。そして大方の予想通り《無重力 ナイン》と同じく後から収録されたが、フォイル仕様が手に入るのはこれだけ。ちなみにそのカードのみ何故かマナ武装3ではなくマナ武装と誤記されている。
  • 名前の由来は、スコッチ・ウイスキーの一種である「マッカラン」から。

サイクル

DMR-13コモンマナ武装サイクル。すべて3コストクリーチャーで構成されている。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考