爆撃男(ばくげきおとこ)

爆撃男 C 闇文明 (3)
クリーチャー:ヘドリアン 1000
このクリーチャーがどこからでも自分の墓地に置かれた時、相手のクリーチャーを1体選ぶ。そのターン、そのクリーチャーのパワーを-2000する。(パワー0以下のクリーチャーは破壊される)

DMRP-03で登場したヘドリアン

どこからでも墓地に置かれた時に相手のクリーチャー1体のパワーを-2000する能力を持つ。

通常は直接アドバンテージを得られない墓地肥やし除去能力を与えるカード
パワー低下である事から汎用性が高く、同一ターン中に複数回墓地に置ければ、それなりの火力を放てる。2枚ならば4000ラインの《洗脳センノー》《制御の翼 オリオティス》《デュエマの鬼!キクチ師範代》といった軽量メタクリーチャーのほとんどを除去できる。

墓地を経由するループコンボに組み込むだけで相手のクリーチャーを全滅させることもできる。コストとなるものが完全に不要で、しかもバトルゾーンに出す必要がないため、任意のカード墓地から出し入れできるコンボなら何でもよい。

相手のカード効果墓地に置かれても当然誘発するので、ハンデス等にも若干の耐性があると言える。
普通に召喚して使っても、除去威力が1000低い代わりに破壊されやすい《ドンバク・ボボボーン》であり、率先して戦えるかはともかく、睨みを効かせるには十分である。

ただし、能力強制であることには注意が必要である。選ばれるか破壊されると能力を発動するクリーチャーを相手が出していても、一度墓地に置かれたら何が何でも選んでパワー低下させなければならない。
定番の《レッド・ABYTHEN・カイザー》などを相手にした場合は当然墓地肥やしを控える必要があるが、相手がこのカードハンデス等してきた場合は回避のしようがない。
時には悪い方に働くカードでもあるので、過信は禁物である。

環境において

新章デュエル・マスターズ環境では《轟く侵略 レッドゾーン》系統のデッキ、【白緑メタリカ】【ジョーカーズ】【緑単ループ】など、場に残る必要がある軽量クリーチャーに初動を任せるケースが多く、刺さる場面が非常に多いため【墓地ソース】で大きく結果を残していた。

後攻でも2ターン目に《戦略のD・H アツト》で墓地を肥やしたついでに除去を放てるため、軽量のシステムクリーチャーを見るなら《学校男》を焦って投げつける必要もないということである。《異端流し オニカマス》のようなアンタッチャブルには流石にノータッチだが、【墓地ソース】自体召喚がメインであり相手の《異端流し オニカマス》が腐りやすいので無視してビートダウンを行えばよいだけのことであり、心配なら終盤に《暴走龍 5000GT》で退場させてしまうことができた。

ただ、【ロージアミラダンテXII】【モルト NEXT】など、ウィニーを一切使わないデッキに対しては大きく腐るため、そこは割り切りが必要であった。個々のカードパワーが非常に低い【墓地ソース】のデッキパワーをそれ以上下げたくないというプレイヤーからは比較的評価が低かった。

2018年7月14日の殿堂レギュレーション改訂によって《プラチナ・ワルスラS》が殿堂入りに指定されると【墓地ソース】は青黒赤構築が下火になり、それまで《一なる部隊 イワシン》と共に使われていこのカードは不採用が目立つようになった。

だが、2018年12月初頭のチャンピオンシップを優勝した《貝獣 ヒラーガ》入りの【墓地ソース】が周知になると、青黒赤構築の【墓地ソース】が多少なれど復権。このカードも一度失いかけた立場が改善された。この頃には《貝獣 ヒラーガ》と合わせて【赤白“轟轟轟”ブランド】に採用されるウィニーに干渉する札としての性質を帯びるに至った。【チェンジザダンテ】に入るクリーチャーの多くがこれで1回パワー低下させてから《暴走龍 5000GT》を当てると処理できるラインにあるため、そういう意味でも再評価された。

DMEX-04期には終盤に1コストで召喚されては《デスマッチ・ビートル》をも溶かす《龍装鬼 オブザ08号》に比べて腐りやすいことが浮き彫りになり、チャンピオンシップ4位以内入賞構築で2枚に抑えるケースも見られるようになった。

その他

  • プレイしなくても強制効果が発動するという珍しいカードであり、処理を忘れてしまう可能性はかなり高い。使用の際は要注意。

戦績

アニメ「デュエルマスターズ(2017)」

  • 通算成績:1戦0勝1敗
    話数対戦相手勝敗デッキ名
    44話キラ敗北(不明)

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考