飛行男(ひこうおとこ)

飛行男 C 闇文明 (2)
クリーチャー:ヘドリアン 1000
このクリーチャーが破壊された時、相手の手札を1枚見ないで選び、捨てさせる。

DM-07で登場した小型ヘドリアン

pigで相手の手札を1枚ハンデスできる。

パワーウィニーだが、pigによるハンデスという地味ながらも強力な能力で自身の弱点を補っている。
2マナクリーチャーとしては優秀なスペックで、早くから殴りにいくデッキでは幅広く使用されている。

パワー1000故に《ローズ・キャッスル》を出されると破壊されてしまうが、相手からすれば除去と引き換えに手札を1枚失う事になるため、先攻で出せれば牽制になる。
また、既に《ローズ・キャッスル》要塞化されている時にあえて出す事で、擬似的な《ゴースト・タッチ》に変化する。この点は、よく似たスペック《特攻人形ジェニー》には出来ない芸当である。

特に優秀なヘドリアンを無駄なく組み込める【超電磁妖魔ロメール】では、その実力を遺憾なく発揮する。
《超電磁妖魔ロメール》パンプアップで打たれ弱さをある程度カバーでき、同じくハンデス能力を持つ《風車男》《汽車男》などと組み合わせて、相手の手札を猛烈な勢いで減らす事ができる。
《イモータル・ブレード》スレイヤーを付加したり、《ゾンビ・カーニバル》で一気に回収すれば効果倍増。

現在は《特攻人形ジェニー》《爆弾魔 タイガマイト》など強力な対抗馬も多いが、まだまだ実戦に耐えうる1枚といえる。
カードパワーに難の多いDM-07の中では、高い実用性を持ったカードである。

  • イラストをよく見ると、右翼に「殺」、左翼に「死」という文字が描かれている。CGイラスト版でも再現されている。
  • 漫画「デュエル・マスターズ」ではC(チャッピー)ザキラが、「外伝」ではダークサンタが使用。Cとダークサンタはハンデスを主体としたデッキだった。
  • 漫画「FE」では勝舞とジェドの15枚デュエルでも使用されている。このときは勝舞のクリーチャーとして登場し、場面から察するにジェドの《転生プログラム》の対象に選ばれたようだ。

関連カード

相互互換

フレーバーテキスト

収録セット

参考