百万超邪(ミリオネア) クロスファイア》

百万超邪 クロスファイア P(SR) 火文明 (7)
クリーチャー:アウトレイジ 7000+
G・ゼロ−自分の墓地にクリーチャーが6体以上あり、自分の《百万超邪 クロスファイア》がバトルゾーンになければ、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。
スピードアタッカー
パワーアタッカー+1000000
W・ブレイカー

DMD-09で登場したアウトレイジ

墓地肥やしと相性のいいG・ゼロスピードアタッカー、そして+100万という驚愕のパワーアタッカーを持つ。

G・ゼロスピードアタッカーで驚異的な奇襲が可能。墓地に6体揃った時点でマナコスト無しでの召喚ができるようになる。条件は《盗掘人形モールス》のものに似ている。クリーチャーが種類を問わず6体以上あればいいので条件は満たしやすい。

ある程度墓地クリーチャーが溜まりやすいビートダウンに向いており、終盤ともなれば自然とG・ゼロが使えるようになっていることも多い。ただし、墓地に6枚というのは少々多いため、《戦略のD・H アツト》《スクランブル・タイフーン》など、墓地肥やしを行えるカードと組み合わせるのがよい。

同じくアウトレイジ《日曜日よりの使者 メーテル》との噛み合わせはよく、ドローする枚数を増やしつつ墓地クリーチャーを落とすことができる。《スクランブル・タイフーン》を撃って《百万超邪 クロスファイア》と《天災超邪 クロスファイア 2nd》をともに手札に呼び込みつつ、同時にG・ゼロの条件を満たして一気に畳みかける戦術も存在する。

既に《百万超邪 クロスファイア》がいるとG・ゼロが使えないため、《ボルバルザーク・エクス》のように手札の複数枚の《百万超邪 クロスファイア》を一気に出すようなことはできない。ただし、G・ゼロではない普通の召喚に制約は無いので、7マナあれば2体は展開できる。デッキに入れる枚数に気を付ければ事故とはならないだろう。

もう1つの能力パワーアタッカー+1000000(100万)と衝撃的なもの。実質的に「攻撃中このクリーチャーはバトルに負けない」と言って差支えない。【ヘブンズ・ゲート】で使われるようなブロッカー相手にも打ち負けず、突破力は高い。タップ状態の《「戦慄」の頂 ベートーベン》《熱血星龍 ガイギンガ》を倒せば状況の打開にも繋がる。
パワーアタッカーの宿命として殴り返しスレイヤーには弱いが、素のパワーは7000とマナコストに対して十分な数値であり、特に申し分は無い。

ただし、すべてのバトルに勝つクリーチャーには敗北するので気をつけよう。《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》Dスイッチからの《デモンズ・ライト》を受けた場合も、7000以上のパワー低下であれば攻撃が終わってパワーアタッカーが終了した瞬間に破壊されてしまう。

パワーアタッカーをおまけと考えても非常にスペックが高く、【墓地ソース】【ダースレインビート】などの墓地肥やしを多用するデッキアタッカーとして活躍している。

各種ビートダウンを中心として、このカードを見かけるデッキは非常に多いだろう。

  • 「百万超邪」は「百万長者」をもじったものだろう。また、名前の由来はクライスラーが製造するスポーツカーである「クロスファイア」だろう。
  • 環境での活躍を受けてか、DMD-10と比べて、DMD-09のほうの品切れが目立つ。それに伴い、このカード自体のシングルカード価格は地味に高騰しつつある。特にプロモーション・カード版は、《暴走龍 5000GT》以上の値段での取引がザラとなっている。
    • のちに《暴走龍 5000GT》共々DMX-19にて再録されたため、ある程度入手しやすくなった。革命編ではDMD-25に2枚収録されたので、そちらを購入するのも手だろう。スターターの切り札としては再録回数が多く、またスーパーレア扱いとなるのも珍しいことである。それだけこのカードの有用性が評価されているということであろう。
  • プロモーション・カード版は元々「バトルでアゲ↑アゲ↑デュエ友ツアー」内のイベント「3連勝バトル アウトレイジ襲来!?」で3連勝するともらえた。このイベントではレギュラークラスとオープンクラスが存在した。その後はコロツアー2013などのイベントの賞品となったが、すべてレギュラークラスのみであり、中学生以上のプレイヤーが入手する機会は乏しかった。
  • DMX-22にてなんとセガより発売されているゲーム「龍が如く」とのコラボカードとして登場。イラストではクロスファイアの前面に、龍が如くの主人公である「桐生一馬」の姿が映っている。
    • 「龍が如く」はCERO:D(対象年齢17歳以上。初代PS2版のみ現在の「Z」に相当する18才以上対象)のゲームであり、デュエル・マスターズやコロコロコミックの対象年齢や読者層とは離れている。どちらも長いコンテンツであることから、以前からのユーザーが17歳以上になっているなどの要因が考えられるとはいえ、予期せぬコラボに驚くプレイヤーは多かった。
    • フレーバーテキストは「龍が如く2」のキャッチコピーを一部改変したものが使われている。
    • 余談だが桐生一馬の声を担当している黒田崇矢氏はアニメ「VSR」にてガチロボの声も担当していた。
  • 伊原しげかつ氏の背景ストーリー漫画「ストーリー・オブ・デュエル・マスターズ」においては同じアウトレイジの危険にも無関心な根っからの無法者として描かれ、アウトレイジのテリトリーがオラクルの襲撃を受けても最初は黙って見ていた。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMX-22
    そして本物の龍は、唯一孤高の存在となる。

収録セット

参考