不敗(ふはい)のダイハード・リュウセイ》

不敗のダイハード・リュウセイ SR 火文明 (8)
クリーチャー:レッド・コマンド・ドラゴン/ハンター 8000
自分のドラゴンが攻撃する時、相手のシールドを1つ選び、持ち主の墓地に置く。
W・ブレイカー
自分がゲームに負ける時、または相手が勝つ時、かわりにこのクリーチャーを破壊する。
このクリーチャーが破壊された時、そのターン、自分はゲームに負けず、相手は勝てない。

DMR-09で登場したレッド・コマンド・ドラゴン/ハンター

リュウセイ」の新たなバリエーションの1つであり、3つの強力な能力を持つ。

1つ目の能力は、このクリーチャーを含む自分のドラゴンシールド焼却アタックトリガーを与えるというもの。
実質的にドラゴンブレイク数が+1されるため、バトルゾーンに自分のドラゴンが数体並んでいれば一気にゲームエンドまで持っていける。

残り2つはどちらも敗北回避能力のカードとしては珍しく防御的な能力で、特に防御手段の少ない【連ドラ】にとっては非常にありがたい。敗北を回避するにはこのカードの犠牲以外は何も必要ないため、同じ敗北回避効果を持つ《十弐制覇 鬼「王者」》と比べて汎用性が高い。《真実の王 ヴィオラ・ソナタ》《魔龍バベルギヌス》で何度も釣り上げることも可能であり、その場合、相手はこのクリーチャーへの破壊以外の除去を考えなければならず、勝ち筋に大きな制約がかかる。

攻守ともに独特かつ強力な能力の持ち主であり、ドラゴンを数多く採用する【連ドラ】のほか、【カイザー「刃鬼」】におけるフィニッシャーの1体としても有名。味方にスピードアタッカー付与するドラゴン《永遠のリュウセイ・カイザー》と同時に出すことでシールド焼却能力を活かしやすくなるのはもちろん、先にバトルゾーンに出しておけば敗北回避効果によって相手のビートダウンやワンショットを防止できるため、《「必勝」の頂 カイザー「刃鬼」》召喚するまでの時間稼ぎとしても優秀な働きをする。

アタックトリガーによるシールド焼却なので敵のシールドが1枚の時に発動すれば《古代王 ザウルピオ》《白騎士の神羅エターナル・ムーン》の効果を無視できる。


ルール

  • 敗北回避は、置換効果のものとpigのものの2種類を持っている。
  • ライブラリアウトによって敗北する場合、まず三番目の能力の置換効果を適用しひとまず敗北を回避する。しかし、このクリーチャーの四番目の能力であるpig解決が待機しているときにもライブラリアウトがチェックされ続けるので、解決に到達する前に敗北でゲームが終わる。《ダイハード・リュウセイ》が何体いても、敗北を防ぎ切ることはできない。

環境において

登場するなり【カイザー「刃鬼」】の強化パーツとしてエピソード3環境に殴り込みをかけた。その強力な能力から「《十弐制覇 鬼「王者」》の存在を否定するカード」と喩えられた。《「必勝」の頂 カイザー「刃鬼」》召喚する前に繋ぎ的に召喚して敗北回避能力を使っても《「必勝」の頂 カイザー「刃鬼」》によって墓地からコスト踏み倒しできるため、無駄がなかった。その後、革命編環境に至るまで【カイザー「刃鬼」】の定番踏み倒し先として活躍。《勝利宣言 鬼丸「覇」》殿堂入り後は《「必勝」の頂 カイザー「刃鬼」》での呼び出し先としてあちらに優先されるようになった。

【モルト NEXT】では革命編環境から革命ファイナル環境にかけて積極採用された。特に《爆熱DX バトライ武神》《爆熱天守 バトライ閣》への龍回避と《爆熱天守 バトライ閣》から《爆熱DX バトライ武神》への龍解革命チェンジループさせ、メインデッキのドラゴンを出し切る動きにおいて【カイザー「刃鬼」】よろしく詰めの手段として使われ、しかもあちらのデッキとは往年のそれとも比べ物にならない爆発力が見られた。

だが、革命ファイナル環境高速化により【カイザー「刃鬼」】が環境から姿を消し、採用先を1つ失った。【モルト NEXT】でも革命ファイナル末期には《伝説のレジェンド ドギラゴン》によって敗北回避能力としては取って代わられており、《爆熱DX バトライ武神》ループを考慮しなければ採用される意義が既になくなっていた。最終的に《モルト NEXT》と《バトライ武神》のプレミアム殿堂超次元コンビが施行されたため環境からは完全に姿を消した。登場から革命編あたりまでは殿堂入りも囁かれていただけに、この落差は登場当時の活躍を知るプレイヤーにとってはやや意外であった。


その他

  • DMX-25収録版は以下のようなテキストとなっており、シールド・プラスのように複数枚から構成されているシールドは束ごとではなくその中から1枚しか焼却できないような記述になっているが、従来通りシールドカード単位ではなくシールド単位で焼却を行うようエラッタが発表されている。
    • DMX-25のテキスト
      自分のドラゴンが攻撃する時、相手のシールドカードを1枚選び、持ち主の墓地に置く。
    • ちなみにDMR-09収録版やプロモーション・カードではシールドの数え方が「1つ」ではなく「1枚」とされているがこちらに関するアナウンスは特に存在しない。処理上はシールド単位での焼却であることには変わらない。
  • 名前の「ダイハード」はアメリカのアクション映画「ダイ・ハード」が由来だろう。
    ダイ(die)は「死ぬ」、ハード(hard)は「難しい」を意味し、合わせて「死に難い」「不死身」と訳される。また、ダイハード(diehard)とつなげて読むと「頑固者」、「保守主義者」などの意味になる。アウトレイジオラクルといった新勢力に対抗して残る旧種族、ドラゴンハンターを暗喩しているのだろうか。
  • 元となった《永遠のリュウセイ・カイザー》は「羽を失い飛ぶ事ができなくなった」という設定があったが、このリュウセイは羽が揃っている。1万年のコールド・スリープの間に完治したのだろうか。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMR-09
    ウェイク!目覚めの時間だ!---不敗のダイハード・リュウセイ
  • プロモ(P6/Y15)
    不屈の心が歴史に名を残す。
  • プロモ(P9/Y15)
    記念すべき勝利に、特別な栄誉を!

収録セット

参考