不夜(ふや)城艦(じょうかん) クランヴィア》

不夜城艦 クランヴィア SR 水文明 (4)
クリーチャー:ムートピア 4000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札をシャッフルする。その後、上から3枚を表向きにし、その中の呪文をすべて、このクリーチャーの下に置く。残りを墓地に置く。
自分の手札から呪文を唱えた時、唱えた後で墓地に置くかわりに、このクリーチャーの下に置いてもよい。
このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下から、自分のマナゾーンにあるカードと同じ文明を持つ呪文を1枚、コストを支払わずに唱えてもよい。

DMRP-08で登場したムートピア

cip山札シャッフル、さらに上から3枚を表向きにし、その中の呪文を自身の下に送る、一風変わった効果呪文以外は墓地に送られるため、墓地肥やしにもなるが、ツインパクトならそのままこのクリーチャーの下に送ることができる。

攻撃時に自身の下から呪文踏み倒す効果は、前述のcipによる下準備の後、マナゾーンカード文明さえ合っていればどれでも踏み倒すことが可能。
さらには呪文手札から唱えた時にこのクリーチャーの下に送られる効果を持ち、手札から唱えたのちに攻撃すれば同一ターンで二回も発揮させられる。
S・トリガーも同様に、手札から唱えるということになっているため、発動すればそのまま、自身の下に回収される。

一方でコストパワーが共に低く、呪文に依存しがちな所が目立つ。パワーは同コスト《オブラディ・ホーネット》バトルで負けるライン。何らかの補助手段を持ち合わせておくのがベター。

マナゾーンに同じ文明が揃ってさえいればインビンシブル呪文でも《オールデリート》でもどんな高コスト呪文でもコスト踏み倒し出来る。
反面、文明を参照するため無色呪文コスト踏み倒し出来ない。

非進化クリーチャーであるため基本的にこのクリーチャー自身の能力以外で呪文をこのクリーチャーの下に仕込む事は難しい。
一度進化させてから退化させても再構築する際に非進化クリーチャーであるために呪文をこのクリーチャーの下に残せない。
だが攻撃時に《奇天烈 ガチダイブ》侵略すれば、手札ツインパクトカードを仕込みながらアタックトリガーで即座に唱える事が出来る。

  • 名前の由来は実在するホテル「ホテルグランヴィア京都」もしくは「ホテルグランヴィア大阪」だろうか。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMRP-08
    自暴自棄となったムートピアの中には、毎夜クランヴィアに入り浸るものもいた。

収録セット

参考

公式Q&A

Q.このクリーチャーの下に置いた呪文はそのままバトルゾーンに残るのですか?
A.はい。通常、呪文はバトルゾーンに置かれることはありませんが、クリーチャーの下にある間はカードとして無視されるので残すことが可能です。

Q.クリーチャーの下にあって無視されているはずの呪文の文明を確認して唱えることができるのですか?
A.はい。カードの特性は通常時は無視されていますが、ゲームが情報を必要とする場合は参照することが可能です。

Q.このクリーチャーの下に水と闇の多色カードがあります。マナゾーンに水のカードがあって闇のカードがない時、そのカードを使うことはできますか?
A.はい。同じ文明をひとつでも持てばいいので、唱えることが可能です。

Q.このクリーチャーの下に無色カードがあります。マナゾーンに無色のカードがある時、そのカードを使うことはできますか?
A.いいえ、無色は文明を持ちませんので、唱えることができません。