腐敗聖者(ふはいせいじゃ)ベガ》

腐敗聖者ベガ C 光/闇文明 (5)
クリーチャー:イニシエート/ゴースト 2000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から1枚目を新しいシールドとして、自分のシールドゾーンに裏向きにして置く。その後、相手の手札を1枚見ないで選び、捨てさせる。

DM-26で登場したイニシエート/ゴースト

対抗色cip多色クリーチャーサイクル5枚の中の1体であり、このカードハンデスシールド追加能力を持つ。

DM-10友好色cipサイクルも含めた全10枚の中でも、特に強力な1枚。
どちらの能力も、ゲーム序盤から終盤、そして相手のデッキタイプに左右されにくい。
何も破壊しないので、目先のフィールドアドバンテージがとれないのは難点だが、もともとコントロールデッキに積まれることの多いので大きな欠点ではない。

イニシエート/ゴースト種族にも恵まれている。また、クリーチャーのため、このクリーチャーを出した次ターン、流れるように《聖霊龍王 ミラクルスター》《悪魔龍王 キラー・ザ・キル》への進化を決めることができる。
この対抗色同士は、コントロールに多い白青黒に違和感なく組み込めるのも利点。《聖鎧亜クイーン・アルカディアス》進化元としても使いやすい。

また、《拷問の影カワハギ・ジャケット》を使ったゴースト種族デッキでも活躍できるだろう。5コストのゴーストには《炸裂の影デス・サークル》《絶叫の影ガナル・スクリーム》などの役者が揃っている。

環境において

極神編で登場するなり【キング・アルカディアス】【ボルメテウスコントロール】で出番を貰った。

登場当時のカードプールでは打点形成が貧弱になりがちだったので、5マナで1枚シールド追加と1ハンデスという能力だけで十分にテンポアドバンテージを稼ぐことができた。【キング・アルカディアス】系統では多色指定の進化に利用できるのが売りであった。

しかし、神化編環境末期に【キング・アルカディアス】系統は消滅に至っており、さらに覚醒編になって【ボルメテウスコントロール】は環境から姿を消した。

それでも、その後も【ボルメテウスコントロール】の愛好家筋の間では、環境に影響を及ぼさないながらも引き続き使われている。

その他

  • DMC-68再録された際のイラストでは、全身で「あっかんべー」をするという筆舌に尽くしがたい衝撃的な姿が描かれている。

サイクル

DM-26敵対色同士の、5コスト2000のcip能力持ちクリーチャーサイクル

DM-10友好色にも友好色同士ながら、同様のサイクルが存在する。

フレーバーテキスト

収録セット

参考