武闘将軍(カンフーショウグン) カツキング》

武闘将軍 カツキング VIC 火文明 (8)
エグザイル・クリーチャー:アウトレイジMAX 11000+
スピードアタッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、そのターン、このクリーチャーはタップされていないクリーチャーを攻撃できる。
∞パワーアタッカー(攻撃中、このクリーチャーのパワーは無限大になる)
このクリーチャーがバトルに勝った時、シールドを1枚ブレイクする。
ドロン・ゴー:このクリーチャーが破壊された時、名前に《武闘》とあるエグザイル・クリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。
自分の他の、名前に《武闘》とあるエグザイル・クリーチャーをバトルゾーンに出すことはできない。

DMR-09で登場したビクトリーを持つエグザイルアウトレイジMAX

出したターンのみのアンタップキラーであり、《百万超邪 クロスファイア》を超える∞パワーアタッカーを持つ。
つまり出したら確実に相手クリーチャーを一体破壊でき、ついでにシールドを1枚ブレイクできる。
ここに《無限掌》《無法秘伝 悪・即・斬》を絡めれば、相手クリーチャーシールドを吹き飛ばして一気にゲームエンドに持っていくことも可能。

加えてエグザイル・クリーチャードロン・ゴー持ちである為、《分析請負人 ディスカバリー》による後続のサーチも行え易く、事実上破壊耐性もある程度は持っている。
攻撃してニンジャ・ストライクS・トリガーで破壊されてもこのカードがあれば再び攻撃しに行けるのは強い。

しかし自身の持つ能力がどれも自分のターンに発動する能力である為、相手のターンに出た時の効果が薄いのは少々残念か。

同じアウトレイジビクトリー《暴走龍 5000GT》と比べるとやや地味な印象を受けるが、それでも強力なクリーチャーである。

  • バトルに勝った時の能力では、自分のシールドブレイクすることもできる。また、強制なので自分しかシールドを持っていない場合、自分のシールドをブレイクしなければならない。
  • 初めて「∞」及び「無限大」が記載されたカード。このカードの登場までデュエル・マスターズには自然数しかなく、実数でない値(無限大は実数を拡張した「拡大実数」という数体系を成す)が記載されたのは初めて。
  • テキストに∞が含まれているためか、パワーマナの数字の間に「∞」のマークがついている。
    このカード以降に登場した、テキストに∞または無限が含まれているカードにはカードの右側中央に(∞)のマークがついている。このカードだけ仕様が違う理由は不明であるが、おそらくDMR-09発売の時点でそのアイディアがまだ存在しなかったものと思われる。
  • 今までのビクトリーとは違い、青色で加工されている。シークレットカードには、金色、緑色、紫色で加工されているものが存在し、全種類集めるのにはかなりの苦労を要する。
  • 第34話にてカツドン《無敵 ドン・カツドン》となった事でこのカードの出番がなくなってしまったが、第45話にて、この時カツドンにレイジクリスタルの力がなかった為か久々の登場を果たし、フィニッシャーとなった。
  • 第21話のデュエマでは、勝太がこのカードを少なくとも2枚持っている事が分かる。

サイクル

DMR-09に登場したエグザイル・クリーチャーサイクル。漫画・アニメにも登場した5枚のアウトレイジMAXのパワーアップ版。

関連カード

収録セット

参考