封印(ふういん)精霊龍(せいれいりゅう) ヴァルハラ・パラディン》

封印の精霊龍 ヴァルハラ・パラディン SR 光文明 (9)
クリーチャー:エンジェル・コマンド・ドラゴン 11500
ブロッカー
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から1枚目を裏向きのまま、新しいシールドとして自分のシールドゾーンに加えてもよい。
自分のシールドゾーンにカードが置かれた時、バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選び、タップしてもよい。そのクリーチャーは、次の相手のターンのはじめにアンタップされない。
W・ブレイカー

DMX-19で登場したエンジェル・コマンド・ドラゴン

cipシールドを1枚追加し、シールドゾーンカードが置かれる度に相手1体をフリーズさせる。

1枚で能力が完結しており、出るだけで3体のクリーチャーを食い止められる。
さらにシールドゾーンカードを置く度にフリーズする能力は他のクリーチャー呪文効果で置いた場合にも及ぶ。
そのため、《音感の精霊龍 エメラルーダ》《蒼華の精霊龍 ラ・ローゼ・ブルエ》とは抜群の相性を誇る。

問題はコスト9という重さだが、そこは定番のブロッカー踏み倒し呪文《ヘブンズ・ゲート》を用いて出したいところ。
コスト9の強力なブロッカーといえば《閃光の神官 ヴェルベット》が存在するが、あちらはタップインによる制圧力が魅力的な点に対し、こちらはS・トリガーで登場した際の防御力と優秀な種族が魅力である。
もちろん共存させても十分強力。自分のデッキに合わせて組み合わせたいところ。

  • ヴァルハラナイツのカードとしては4枚目である。かつてはデッキ切札として収録されていたカードではあるものの、主人公でもないこのカードが1シーズンでここまで種類が増えるとは誰が想像できただろうか。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考