封魔(ふうま)ジャックス・ピッコロ》

封魔ジャックス・ピッコロ C 闇文明 (7)
クリーチャー:グランド・デビル 3000
B・ソウル
このクリーチャーが破壊された時、バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選ぶ。そのターン、そのクリーチャーのパワーは-4000される。

DM-39で登場したB・ソウル持ちのグランド・デビル

pigにより4000のパワー低下を放てる。

4000はパワー低下としてはそれなりの数値ではあるものの、pig能力である点が使いづらい。だがそれ以前に、pigによるパワー低下だけという性能に見合わないコストの高さが問題。

コストに強力な除去能力を持つ《狼虎サンダー・ブレード》《究極生命体 Z》や、より大きなパワー低下能力を持つ《ゲロ NICE・ハンゾウ》《神聖騎 オルタナティブ》、不確定だがハマれば同威力のパワー低下を何度も放てる《真実の名 ビバ・ラ・レヴォリューション》などが存在する。パワーは同じだがよりコストの低い《超次元ミカド・ホール》+《サンダー・ティーガー》もある。
それらはどれもcip除去能力を使用でき、こちらのように能動的あるいは受動的な破壊を待つ必要がない。

上記のカードのほとんどがベリーレア以上なのに対してこちらはコモン。おそらく、コスト論の他にレアリティによる能力の補正がされたか、あるいは破壊されやすくするためにパワーを意図的に下げている、という考え方もできる。だがそれだったらもうちょっとコストを低めに設定してもよかったし、そうだとしても即効性の低いpig能力一つのこのカードが使われない性能には違いない。

  • 名前の由来は『ゴエティア』に記されたソロモン72柱の魔神シャックスだと思われる。シャックスは召喚者の命に応じて人の視覚・聴覚・理解力などの知覚を奪い去ったり、金や馬を盗み出す力を持つが、元ネタのその能力はどちらかというとデュエマで言うハンデスに相当する能力である。《残虐覇王デスカール》と能力が被るとまずかったのだろうか。

フレーバーテキスト

  • DM-39
    勝手に調子づくがいい。Ζ様率いる軍には次の手があるのだ…。――封魔ジャックス・ピッコロ

収録セット

参考