憤怒(フンヌ)スル破面(ハメン)(サバ)キ》

憤怒スル破面ノ裁キ UC 光文明 (2)
呪文:裁きの紋章
カードを1枚引く。
この呪文を自分の手札から唱えた後、墓地に置くかわりに自分のシールド1つの上に、表向きにして置く。(そのシールドの束は1つと数える)

DMRP-06で登場した裁きの紋章呪文

効果そのものは《ガード・グリップ》に、唱えた後に置換効果表向きシールドの上に置くというものが加わっている。

裁きの紋章の中では最も軽く、本来のメイン効果である1ドローも状況を選ばず腐りにくいことから、1ターンでも早く、あるいは1枚でも多く裁きの紋章及び表向きカードシールドに置きたいという時にはうってつけな一枚。同弾から登場した新能力サバキZとの相性も良好であり、たった2コストでそちらの起動に必要なシールドを用意した上で、運は絡むが各種サバキZ持ちカードの補充も狙える。
1コスト増えればより狙ったカードを補充しやすい《剣参ノ裁キ》が存在するので、環境デッキの方針によって使い分けると良い。勿論両方採用するのもあり。

もともと《煌龍 サッヴァーク》を中心とした裁きの紋章デッキではまず《奇石 ミクセル》《DG 〜裁キノ刻〜》で相手を動きを牽制するのがセオリーだったため、上記のようにサバキZを組みこむなど、より早期に表向きシールドが求められる構築と組み合わせていくべきだろう。

フレーバーテキスト

収録セット

参考