暴命天(ぼうめいてん) バラギアラ/ガイアの()()め》

暴命天 バラギアラ SR 自然文明 (9)
クリーチャー:グランセクト・ハザード 14000
マッハファイター
T・ブレイカー
すべてのクリーチャーは、シールドをさらに1つブレイクする。
ガイアの目覚め SR 自然文明 (8)
呪文
S・トリガー
各プレイヤーは自身のクリーチャーをそれぞれ2体ずつ選び、マナゾーンに置く。

DMBD-08で登場した自然グランセクト・ハザードツインパクト

クリーチャー面は自身、自軍、そして相手を含むすべてのクリーチャーブレイク数を+1するというもの。

このクリーチャー単体でもグランセクトで最軽量のQ・ブレイカーとして扱える。ただしマッハファイターの性質上、出てすぐにシールドブレイクしに行けるわけではない。
マッハファイターを活かしつつシールドブレイクできる《キングダム・オウ禍武斗》はこちらと同コストかつ同パワーであり、大きなライバルとなる。特に破天九語を使えば、バトルに勝つ必要があるもののブレイク数もあちらの方が上。基本的にフィニッシャーとしてはあちらに分があるだろう。

あらかじめ味方を並べておけば、ブレイク数増加の恩恵はすぐに受けられる。しかしその場合も《カンクロウ・ブラスター》などがライバル候補として挙がる。

相手クリーチャーブレイク数が増えてしまうのは明らかなデメリットであり、状況次第では一気にトドメを刺されかねない。ただ、マッハファイターで相手の頭数を減らす事ができるのは幸いか。
自軍のブレイク数が増えたからと言ってむやみに攻め込むと、S・トリガーなどで出た相手クリーチャーによって、逆に自分が境地に陥ってしまうリスクが常に付きまとうことに注意しておきたい。

一方、呪文面は各プレイヤークリーチャーを2体ずつマナゾーンに置くという大胆な効果。S・トリガーを持つため、相手のターン中に発動すれば攻撃を凌ぎつつ、2マナ加速からの大逆転も狙える。
ただし、相手タップされているクリーチャーをマナに置くことも十分に考えられるため、防御手段として過信しすぎないように。

関連カード

収録セット

参考


Last-modified: 2018-12-12 (水) 22:09:09