暴龍事変(ぼうりゅうじへん) ガイグレン》

暴龍事変 ガイグレン VIC 火文明 (9)
クリーチャー:ガイアール・コマンド・ドラゴン/ヒューマノイド爆/ドラグナー 11000+
スピードアタッカー
マナ武装 9:このクリーチャーが攻撃する時、自分のマナゾーンに火のカードが9枚以上あれば、そのターン、このクリーチャーをアンタップしてパワー+3000する。
W・ブレイカー
相手がこのクリーチャーを選んだ時、このクリーチャーのパワー以下のパワーを持つ相手のクリーチャーをすべて破壊する。

DMR-14で登場したビクトリーを持つガイアール・コマンド・ドラゴン/ヒューマノイド爆/ドラグナー

《龍覇 グレンモルト》《熱血星龍 ガイギンガ》に取り込まれた姿であり、そのためかガイギンガに似た能力を持っている。

このクリーチャーの目玉は、マナ武装9によって攻撃時にアンタップするので、無限アタッカーになるという点。

そしてもう1つの目玉が選ばれた時の能力であり、《デーモン・ハンド》《アクア・サーファー》などで選ばれると、このクリーチャーのパワー以下の相手のクリーチャーを全て破壊する。
元々パワーが11000あるのでそれだけでも十分な威力となるが、マナ武装9によって攻撃する度にパンプアップされるため、アンタップと同時にどんどん除去の範囲が広がっていく。

だが、最大の問題はマナ武装9であるという点。マナブーストが特に得意でもないだけでマナを9枚貯めなければならないのは少々つらい。
マナ武装なしでも除去耐性とスピードアタッカーを持つパワー11000W・ブレイカーではあるが、それではコストパフォーマンスが悪いので、やはり使うのであればマナ武装を活かしたいところ。

この問題を解決する方法はいくつかある。
まずは赤単にして《勝負だ!チャージャー》などの3コストのチャージャー呪文を多く投入して連打するという方法。
公式サイトに上げられている動画でもこの方法が用いられている。
単色デッキだと《爆炎シューター マッカラン》《天守閣 龍王武陣》などの除去を利用でき、後者に関してはこのカードを持ってこれるため、十分時間を稼ぐことはできるだろう。

次は【薫風武装】に入れる方法。
《薫風妖精コートニー》などでマナを全文明にして、《フェアリー・ミラクル》などの優秀なマナブーストを用いてマナ武装9を達成する。
この場合は他の文明のマナ武装と併用できる点でも優れている。
特に《理英雄 デカルトQ》は5枚ドローでこのクリーチャーを持ってこれ、シールドにカードを仕込めるので相性の良いカードである。

最後は【連ドラ】を火文明寄りにするという方法。
【連ドラ】に入れる大型は火文明が多い上、他の文明も《偽りの王 ヴィルヘルム》といった多色カードで補完できる上、主なマナブーストに火との多色である《メンデルスゾーン》や火文明を置けば連続して使える《フェアリーの火の子祭》などあり意外にもガイグレンのマナ武装は達成しやすい。

ただし《ミステリー・キューブ》《超天星バルガライゾウ》のような踏み倒しに関しては優先度が下がる。

条件は少々厳しいが、出せば即決着を付けられるだけのカードパワーを持っている強力なカードである。ロマンとヒーロー性は光るので、ぜひとも上手く使いこなしたい。
DMD-20の発売以降【準赤単】が強化され、将来性も高いのでこのカードの使い勝手も少しずつ良くなってきている。

【赤単】【準赤単】であれば十分マナ武装を狙えるようになったものの、それでもマナ武装9という条件は重い。その為、このカードは1,2枚入れ、サブフィニッシャーにする立場に落ち着いている。やや運が絡む《勝利宣言 鬼丸「覇」》よりも安全にフィニッシュを決められることも多い。

ルール

環境において

当初は【準赤単】の概念がなかったためドラゴン・サーガに登場したフィニッシャーの中でも底辺を争う評価であったが、DMD-20で相性の良い防御札やデッキの潤滑油を手に入れ、実用レベルにはなった。

だが活躍と言うべき使用実績は超天篇環境あたりになってからであり、この頃になってようやくチャンピオンシップ4位入賞がポツポツと報告されるようになった。この時期には《決闘者・チャージャー》《ボルシャック・ドギラゴン》をかき集めやすくなったおかげで9マナ貯まるまで凌ぎやすくなり、環境に単体除去が多いため除去耐性を活かしやすくなった。《怒流牙 サイゾウミスト》ニンジャ・ストライクを何回使われようとS・トリガー除去が捲れない限り無限攻撃は続くのである。単純に双極篇までより環境が低速化したのも活躍の要員としては大きい。アタックトリガー1回で《ドンジャングルS7》バトルで勝てるパワーになるのも環境的に強い。環境的にこのカードの持ち主のターン中に安全に処理できる札が【5色蒼龍】に入る《蒼龍の大地》から出せる《ドキンダム・アポカリプス》など限られているが、それでも【チェンジザドンジャングル】あたりには折角選ばれた時の能力で相手の盤面を一掃しても《ドンジャングルS7》1枚でリソースを回復されてしまうことも少なくなく、それほど圧倒的なフィニッシャーとも言い切れない。

その他

  • シークレットカードが2種類存在する。1つはイラストが全体的に黒くなり、大きく「暴走」の文字が書かれたDramatic Card風のカード。もう1つは《熱血星龍 ガイギンガ》の時にもあったような全体が金色のカード。

関連カード

収録セット

参考