魔天降臨(まてんこうりん)

魔天降臨 R 闇文明 (6)
呪文
S・トリガー
各プレイヤーは、自身のマナゾーンのカードと手札をまるごと交換し、その後、マナゾーンのカードをすべてタップする。
※殿堂入り

DM-10で登場した呪文

各プレイヤーマナゾーン手札をすべて入れ替える豪快な効果を持つ。
状況次第で相手マナを一気にランデスできる可能性があるため、勝負を決めるだけのポテンシャルを秘めている。

単純にマナゾーン手札が入れ替わるため、疑似ランデスまたは疑似ハンデスとして利用できる。基本的にマナゾーンにはその時点で不要なカードから埋めていくので、相手の計算を狂わせることが可能。

また、ハンデスとの相性が非常によい。あらかじめ手札を削っておけば相手のマナを大幅に減らすことができる。自分も被害を受けることには変わりないが、手札を何枚かキープしておけば相手とのマナ差をつけることができる。

特に《ロスト・ソウル》から繋ぐと凶悪で、一度反撃の手段を失った上で何も出来なくなるという絶望的な状況になる。《特攻人形ジェニー》《ゴースト・タッチ》を連打した後に撃ち込んでもいい。

一見すると限定的な状況でしか使えないように思えるが、実際のところデュエルで相手の手札が1枚程度以下になるのはザラであり、「相手の手札が2枚以下で、自分の手札がそれより2枚ほど多い状況」ならば、この呪文効果は十分にある。

シノビマッドネスなど、手札に何らかの戦略をため込むカードデッキにも有効。総じて中級者以上向きの、プレイングが肝要なカードである。

基本的にこのカードは、相手が除去ハンデスを受けてジリ貧になっている一方で自分は盤面や手札が整いチャージしてマナを伸ばしている、という状況が来る前にはたとえS・トリガーで唱えても逆転の契機にはなりづらい。言い換えると3ターン目から4ターン目で決着をつけるデッキには効果が薄いので、環境の速度を見て採用するか否かを決めるべきであろう。

  • ビートダウンの対策にもなる。序盤にトリガーした場合、相手はカードをプレイしているので手札は少なく、自分はシールドをブレイクされているので手札は増えている。よって擬似的にマナブーストランデスしたことになり、その後は強力なカードを使いやすくなる。
  • DMX-22では待望の再録を果たした。ホイル加工がなされ、Dramatic Cardのように大きく「魔天」と文字が描かれている。
    • 待望の再録を果たしたものの、ホイル仕様であるため封入率はかなり低く、相変わらず入手は容易ではない。シングルカード価格も高め。ランデスハンデスを併せ持つ効果が好まれなかったこと、そしてショップのことを考えての苦肉の策なのだろう。今までほとんど再録されなかったのも、そういった事情があったからだと思われる。
  • DMX-22で再録された際にはカードテキストの大幅な改訂が行われ、手札マナの入れ替えのタイミングが分かりやすくなった。また、「まるごと」という言葉がテキスト中に初登場した。旧テキストは以下のとおり。
各プレイヤーは自分自身のマナゾーンにあるカードをすべてそれぞれの手札に戻し、同時に、自分自身の手札をすべてタップしてそれぞれのマナゾーンに置く。
  • S・トリガーは手札から使用されるため、他に解決が保留されているS・トリガーがある時にこのカードを唱えた場合、それらはマナゾーンに移動してしまい使用不可能となる。
    • かつては《「黒幕」》によってお互いのシールドをすべてブレイクした際、アクティブプレイヤー優先の原則によって相手より先にS・トリガーで唱えることで相手のS・トリガーをすべてマナゾーン送りにするような攻めのコンボとしての意味合いが強かった。
      しかし2017年3月25日ルール改訂による複数ブレイクの同時ブレイク化に伴い、相手の攻撃によって他のS・トリガーと同時にトリガーする場合が増えたことで、処理順を誤ると使えたはずのS・トリガーを無駄にしてしまうデメリットが目立つようになった。そのためS・トリガーでの使用は必ず最後に処理することが推奨される。
  • マナゾーンから手札へカードを回収する際は相手にカードを確認させるのがマナーとして求められる。手札に回収する直前までの間はマナゾーンにあるカードは公開情報であるためである。

フレーバーテキスト

  • DMX-22
    魔天の力で世界がひっくり返る。

収録セット

参考


Last-modified: 2019-01-05 (土) 18:33:29