魔狼月下城(まろうげっかじょう)咆哮(ほうこう)

魔狼月下城の咆哮 R 闇文明 (5)
呪文
S・トリガー
バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選ぶ。このターン、そのクリーチャーのパワーは−3000される。
マナ武装 5:自分のマナゾーンに闇のカードが5枚以上あれば、相手のクリーチャーを1体破壊する。

DMR-13で登場したS・トリガー呪文

相手クリーチャー1体のパワーを-3000低下させ、さらにマナ武装5で相手クリーチャー1体を破壊できる。

]普通に使っても-3000のパワー低下を撃てる。《西南の超人》《王機聖者ミル・アーマ》のようなシステムクリーチャーをはじめ、《冒険妖精ポレゴン》《死神術士デスマーチ》のような【速攻】で見かけるウィニー破壊できる。

また、パワー3000まで対処できるため、パワー低下でしか除去できない《光器パーフェクト・マドンナ》《純潔の信者 パーフェクト・リリィ》でも破壊できる。コスト踏み倒しメタも《ポクチンちん》のラインまでならパワー低下で除去できる。

さらにマナ武装によって《デーモン・ハンド》のような確定除去が追加される。マナゾーンカードが5枚以上あれば追加で好きなクリーチャーを1体破壊できる。

《魔刻の斬将オルゼキア》スペックを見れば、5マナで2体まで破壊できるとなればその威力は十分すぎるものであり、中盤から終盤にかけては相手の戦力を削いでいくのに活躍する。また、しっかりS・トリガーも付いているので、シールドからめくれた際も非常に頼もしい。黒単デッキならば、かの《デーモン・ハンド》をも凌ぐ破壊力が期待できるだろう。

欠点はマナが少ない序盤にS・トリガーで発動した場合、マナ武装の条件を満たすことができないことか。しかし、それでも最低限パワー低下の効果だけは使えるため、【速攻】相手でも完全に腐ることはない。
しかし革命編以降は侵略革命チェンジの登場により3〜4ターン目から《轟く侵略 レッドゾーン》《超獣軍隊 ベアフガン》《蒼き団長 ドギラゴン剣》などの-3000で溶かせないような大型クリーチャーが登場するデッキも珍しくなく、環境次第では例え黒単であっても《冥王の牙》《ファンタズム・クラッチ》の方が優先されるケースも増えている。

闇を中心としたデッキであれば必ずフルで投入される強力な防御札であったが、環境の移り変わりによって採用率を落としたカードといえる。性能自体はインフレが加速した今でもハイスペックの一言ではあるのだが……。

  • カード名の元ネタはアクションRPG二―ア レプリカント及びニーア ゲシュタルトのBGM「魔王ノ城/咆哮」だろうか。
  • アニメ「VS」にて、スーパーVデッキを使うコジローが使用。勝太のシールドブレイクにより2枚同時にトリガーし、マナ武装とパワー低下により計3体のクリーチャーを破壊した。

サイクル

DMR-13の呪文サイクル。すべてが「マナ武装 5」を持つ。

関連カード

収録セット

参考