万年(まんねん)(こう) ガメッシュ》

万年の甲 ガメッシュ VR 水文明 (7)
クリーチャー:ムートピア 7000+
自分のターン中にこのクリーチャーがタップした時、ターンの残りをとばす。(次のプレイヤーのターンをすぐに始める)
このクリーチャーは、アンタップした時、相手のシールドを2つブレイクする。
このクリーチャーが攻撃された時、そのターン、これのパワーを+10000する。
相手が呪文の効果によってバトルゾーンにあるクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーは選べない。

DMRP-03で登場したムートピア

自分のターン中にタップするとターンの残りをとばし、アンタップ時に相手のシールドを2つブレイクする能力に加え、攻撃された時にパワー+10000、呪文に対するアンタッチャブルの2つの耐性を持つ。

このクリーチャーで攻撃すると、タップした瞬間に残りのターンがとんでしまうので相手のシールドブレイクできない。

一見すると能力がややこしくデザイン意図がわかりづらいが、攻撃した時のタップ攻撃の処理を含めたターンをスキップし、次のターンのはじめで相手のシールドを2枚ブレイクする、実質1ターン遅れのW・ブレイカーとも考えられる。

能力を発揮する為には1ターン、このクリーチャータップ状態で棒立ちさせておく必要があるが、2つの耐性のおかげで場持ちは非常に良い。

能力によるブレイクなのでブロッカー攻撃曲げ、その他の攻撃に反応して阻止してくる能力はほとんど貫通できる。また、ブレイクのタイミング上、相手が手札に加えたシールドカードを使用するまでには時間が空くため、ハンデスなどと組み合わせれば実質的なシールド焼却になるのが強み。
ただし、S・トリガーの脅威が付いて回る点に変わりはない。

上記のように特有のメリットはあるものの、単体ではフィニッシャー格のクリーチャーと同等の7コストを支払って出し、そこから2ターンも費やして初めて相手のシールドを2枚ブレイクできるという超低速のクリーチャーである。

通常なら《深海の覇王 シャークウガ》のように盤面を動かせるフィニッシャーや、進化などのデメリットがあってもより軽量なW・ブレイカーを採用した方が良い。

アドバンテージを取りに行く能力も持たないため、他のカードとの組み合わせは必須。使うならば、その能力の特異さから様々なコンボを考えてやりたい。


このカードの使い方

タップ時のターンの残りをとばす効果は自分のターン中のみである。特に相手のターンのはじめに相手のクリーチャーをタップさせる能力を持つカードには注意。タップ状態でターンを迎えた場合、アンタップはできるため、ブレイクはできるのだが、アンタップ状態でターンを迎えた場合だと、こちらが何もできないままターンが飛び、相手に実質的なエクストラターンを与えてしまう。

逆にアンタップ時のシールドをブレイクする効果に「自分のターン中」などの制限はないので、相手のターン中にタップとアンタップを繰り返す事ができれば相手のシールドをブレイクしまくる事ができる。例えば《Dの牢閣 メメント守神宮》ブロッカーを付与し、《鬼の轟き 参角》ラビリンスで擬似的な攻撃曲げを付与する事で、他の自分の攻撃曲げを持つクリーチャーと攻撃先を変更させ続けてタップとアンタップを繰り返し、相手のシールドを全てブレイクする事も可能である。

  • ただしこの場合「攻撃された時」は攻撃曲げブロッカーのタイミングより先に解決されるため、別のクリーチャーから攻撃対象をこのクリーチャーに変更した場合はパンプアップできないため注意。

攻撃しようとするだけでターンを飛ばせるため、「ターンの終わり」に発動するデメリットを帳消しにするのに使える。《光姫聖霊ガブリエラ》《メッチャ無敵なじーさん》《ジバボン3兄弟》などの特殊敗北条件ですらなかったことにできる。それらのカードは強烈なデメリットの代わりに高い防御性能を持つため、隙の多いこれらのカードと組み合わせることでお互いの欠点を克服できる。ただし、当然ながら除去には注意。


その他

  • アニメではデュエル・ウォーリアとして登場。ピンク色の亀と一緒にお菓子屋を経営して静かに暮らしていた。CV:チョー
    ジョーに正体がばれるも、彼との真のデュエルを拒むジョーの優しさから、自分からクリーチャー世界に帰ろうとした。しかし、直後に現れたキラに倒されて、消滅してしまう。この出来事を境に、ジョーとキラの間に溝ができることとなる。
  • ピンク色の亀は後の回でジョーが世話をしているシーンがあり、ジョーに引き取られたと思われる。

戦績

デュエル・マスターズ(2017)

  • 通算戦績:1戦0勝1敗
    話数対戦相手勝敗デッキ名
    34話キラ敗北ガメッシュ、戦いの年季

主な使用カード

関連カード

収録セット

参考