無限掌(むげんしょう)

無限掌 UC 火文明 (1)
呪文
バトルゾーンにある自分のクリーチャーを1体選ぶ。このターン、そのクリーチャーがバトルに勝った時、アンタップする。

DM-09で登場した呪文

唱えたターン中、自分クリーチャー1体はバトルに勝つたびにアンタップして再度攻撃することができる。

つまりバトルに負けるか、攻撃を中止する、シールドブレイクするまで何度でも攻撃が可能となる。まさにフレーバーテキストの通り「この拳、エンドレス」である。

有効な活用法としてはアンタップキラーとのコンボがあり、パワーが高いものと組み合わせると、相手クリーチャーを一気に殲滅できる。文明も一致する《砕神兵ガッツンダー》などと併用するとよい。

アタックトリガーと組み合わせれば能力を連発できる。《光器マリアンナ》《暗黒皇グレイテスト・シーザー》呪文を連射することが可能。《超竜バジュラ》が1ターンに何度も攻撃すると、訳が分からないほどマナを削ってオーバーキル状態にまで持っていける。

【速攻】の対策にも有効で、パワー5000前後のクリーチャーが立っていれば、攻撃済みの相手のアタッカーをまとめて殴り飛ばすことができる。

欠点は単体では腐りやすいこと。通常、相手のクリーチャーがまとめてタップされている状況は少ないため、大抵は何らかのお膳立てが必要である。

幸い、各種スパーク呪文による全タップ《超次元グリーンレッド・ホール》《フル・コマンド》によるアンタップキラー化など、サポートは豊富なので色々試してみるといいだろう。

うまく使えば爆発的なアドバンテージを生み出してくれるカードであり、プレイヤーのセンスが問われると言える。

  • 初出時は「〜バトルに勝った時、バトルの後でアンタップする。」というテキストだった。従って、《蔵禄の守護者カメンビー》で対象に取られても、旧テキストではタップ状態にすることは不可能だった。現在は「バトルの後」が削除されたため、同様にした場合はアンタップ後のタップという処理になる。
  • この呪文の影響を受けたクリーチャーと、不死身状態の無限ブロッカーが無限に続く攻防をする場合、攻撃側が諦め、相手のターンに移すか、仕切り直しとなり、再度ゲームを行うかのどちらかを攻撃側が選ぶ。
  • 前のめりな使い方に目が向かいがちになるが、(勿論それを意図したデザインであることは確かなのだが)別の使い方として、バトルの後でアンタップする効果によって殴り返し防止という使い方もある。
  • マッハファイターとも相性が良い。この能力を持つクリーチャーはパワーが12000以上が多いので気軽に相手クリーチャーを撃退できる。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考


Last-modified: 2019-01-08 (火) 08:11:39