無限超竜(むげんちょうりゅう)ボルザード》

無限超竜ボルザード UC 火文明 (7)
進化クリーチャー:アーマード・ドラゴン 8000
超無限進化−自分のクリーチャー1体以上の上に置く。
メテオバーン−このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを1枚選び墓地に置いてもよい。そうした場合、次のうちいずれかひとつを選ぶ。
►相手はカードを1枚、自身のマナゾーンから選び、墓地に置く。
►バトルゾーンにある相手のクロスギアを1枚選び、持ち主の墓地に置く。
►相手のシールドを要塞化している城を1枚選び、持ち主の墓地に置く。
W・ブレイカー

DM-34で登場した超無限進化アーマード・ドラゴン

メテオバーンアタックトリガーで、相手のマナクロスギアのいずれか1つを墓地送りにできる。

元祖ランデス獣である《ボルザード・ドラゴン》進化クリーチャーとして復活。
[]墓地]]に送るカードは相手が選ぶ上、メテオバーンのため回数制限があるので、ランデスに関しては本家より緩い能力
だがアタッカーランデスクロスギア焼却・対策と1枚でできることが非常に多いため、スロットの節約効果は大きい。

さらに注目すべきはその進化条件。
進化元が「自分のクリーチャー1体以上」であらゆるクリーチャーから進化できるため、マナゾーンのカードとバトルゾーンクリーチャーが1体でも存在すれば、召喚酔いなしで相手のカードを1枚削り取るW・ブレイカーを登場させられる。
7コストと少々重いものの、多色デッキにおける《永遠のジャック・ヴァルディ》と同じように扱える汎用性の高いカードと言える。

  • 初の「そのものを破壊する」カード。城の下にあるシールドには何の影響も及ぼさない。

関連カード

収録セット

参考