無限鉄拳(むげんてっけん)オニナグリ》

無限鉄拳オニナグリ P 闇/火文明 (6)
進化クリーチャー:ヒューマノイド/ハンター/エイリアン 7000
進化−自分のハンター・クリーチャー1体の上に置く。
光のクリーチャーとバトル中、このクリーチャーのパワーは+2000される。
このクリーチャーがバトルに勝った時、このクリーチャーをアンタップする。
W・ブレイカー

DMD-05で登場した進化ヒューマノイド/ハンター/エイリアン

クリーチャーとのバトル時限定のパンプアップ能力と、《無限掌》能力を持つ。

進化クリーチャーなので、登場後即座に相手のタップされているクリーチャーを一掃できる。
そのためには相手クリーチャータップされていなければ意味がないため、アンタップキラー付与するか、《スーパー・スパーク》などで相手をタップするなど、《無限掌》能力を十分活かしてやる工夫が必要。
しかし肝心のパワーが7000でコストもやや重く、登場も大概後半となるので、相手も大型クリーチャーを既に出している場合が多く、活躍しづらい面も。

その後同コスト単色進化元も手軽になり、素のパワーも2倍と驚異的なインフレ力を見せつけたほぼ完全上位互換とも言える《エヴォル・ドギラゴン》が登場し、立場は一気に危うくなった。もはやこちらには優秀な種族を生かす方法しか道は残されていないのだろうか。無論あちらの種族も優秀である。

文明限定で+2000パンプアップも持っているため、《我牙の精霊 HEIKE・XX》ブロックを躊躇させられるのは強みだが、相手がの場合のみであるため、そこまで汎用性は高くない。できれば越えたい壁である《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》に対処できないのもきついか。

限定パンプアップではなく、ハンティングだったならば評価はまだ違っていただろう。

  • 名前に「無限」と入っているが、超無限進化クリーチャーではない。
  • 漫画「ビクトリー」では勝太切り札として度々登場。

関連カード

収録セット

参考