無双と竜機の伝説(エターナル・ボルバルエッジ)

無双と竜機の伝説 SR 火/自然文明 (7)
呪文
パワー6000のクリーチャーをすべて破壊する。
このターンの後にもう一度自分のターンを行う。
追加ターンにこの呪文を唱えることはできない。

DMEX-01で登場した/自然呪文

パワー6000のクリーチャーをすべて破壊してエクストラターンを得られる。
ただし、追加ターンにはこの呪文を唱えられない。

《無双竜機ボルバルザーク》調整版と言えるスペックで、同じくパワー6000を破壊エクストラターンを得るあちらから、スピードアタッカーW・ブレイカーが抜けた代わりに特殊敗北条件も取り除かれ、能力としては純粋なアドバンテージだけが残っている。

活用としてはまず、ただ単に【5色フェアリー・ミラクル】等の多色のコントロールデッキに搭載して、相手のパワー6000を焼きつつ、エクストラターンを活かして体勢を整えるという運用方法が考えられる。

また、《龍装艦 ゴクガ・ロイザー》等を事前に立てておくと手軽に2度打ちでき強力。
ここからさらに、1度目のエクストラターン《ドルツヴァイ・アステリオ》《大革命のD ワイルド・サファリ・チャンネル》などのチャンスを広げるカードを使うことができれば、そのまま2度目のエクストラターンでやりたい放題できる。

その他、ループコンボに組み込み、同一ターン中に何度も唱えれば無限ターンに入ることさえできる。

弱点としては、単体ではフィニッシュに持ち込むことができないため、下準備を行う過程でハンデスやアタッカーの除去を食らうのはキツいことが挙げられる。

ルール

テクニック

環境において

その能力が判明した当初、インフレが進みすぎたカードだと大いに騒がれたが、結局環境に進出することはなかった。単体で4打点を確保できる本家と違って、一枚で盤面をひっくり返せないことが大きな違いと言える。高速化の進んでいた当時の環境ではとりあえず投入するというだけでは腐りがちであり、登場から《龍素知新》の殿堂入りの間【知新ジャスティス】でフィニッシュ呪文として使われた程度であった。

【知新ジャスティス】が事実上消滅して以降はファンデッキ寄りの【5色デッキ】で確認される程度となった。

他のカードとの相性

アニメ・漫画での活躍

その他

  • 《無双竜機ボルバルザーク》と異なり特殊敗北条件が付いていないのは、開発側があちらの「出せばゲームが終わる」「使われた側が自分の力で勝つ権利を奪われる」というゲーム性破壊に繋がる能力を忌避したからであろう。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考


公式Q&A

Q.最後の能力の「追加ターンにこの呪文を唱えることはできない」とはどういうことですか?
A.この呪文やほかの効果などによって自分のターンを続けて行うことになった場合、そのようにして得た新たなターンを追加のターンと呼びます。その間にこの呪文を唱えることはできないということです。
引用元

Q.《無双と竜機の伝説》を唱えたターンに、もう一枚《無双と竜機の伝説》を唱えることはできますか?
A.はい、できます。この呪文を唱えてもすぐに追加のターンになるわけではないので、追加のターンに移る前にこの呪文を再び唱えることは可能です。
引用元