無双と竜機の伝説(エターナル・ボルバルエッジ)

無双と竜機の伝説 SR 火/自然文明 (7)
呪文
パワー6000のクリーチャーをすべて破壊する。
このターンの後にもう一度自分のターンを行う。
追加ターンにこの呪文を唱えることはできない。

DMEX-01で登場した/自然呪文

パワー6000のクリーチャーをすべて破壊してエクストラターンを得られる。ただし、その追加ターンにこの呪文を唱えられなくなる。

《無双竜機ボルバルザーク》からスピードアタッカーW・ブレイカーが抜けた代わりに特殊敗北条件も取り除かれ、純粋なアドバンテージの塊となっている。初の無条件エクストラターンを得られるカードであり、効果が判明するなり大いに騒がれた1枚。

パワー6000のクリーチャーをすべて破壊するので【モルト NEXT】では《リュウセイ・ジ・アース》を巻き込むことを注意しなければならない。逆に言えばそれ以外に巻き込まれるクリーチャーがこれと言ってそのデッキにはないので、単純にS・トリガーによって1ターンを凌がれてもエクストラターンを利用してごり押しできるようになったということになる。
ただし、多色カードかつドラゴン種族を持たないことから事故要因になる上7マナ揃ったのであれば先にフィニッシャーを出したほうが良く、既に場に《超戦龍覇 モルト NEXT》が残っているのであれば更にこれを唱えるのはオーバーキルであるため、かなりロマン寄りの構築になるだろう。

弱点は呪文メタに弱いことである。また、単体ではフィニッシュに持ち込むことができないため、下準備を行う過程でハンデスや除去を食らうのもキツい。
7と高コストの割に一枚で盤面をひっくり返すのは難しいうえS・トリガーもついていないので、高速化の進む現環境ではとりあえず投入するというだけでは腐りがち。効果自体は派手なので専用デッキを組んでやるのが良いだろう。

特殊敗北条件が付いていないのは開発側が《無双竜機ボルバルザーク》の「出せばゲームが終わる」「使われた側が自分の力で勝つ権利を奪われる」というゲーム性破壊に繋がる能力を危惧しているためであると推測され、こればかりは仕方がなかろう。

ループコンボに使用して同一ターン中に何度も唱えると無限ターンに入ることができる。その性質上《龍素知新》系統のデッキでの活躍が見込まれていた。

登場当初からファンデッキガチデッキを問わず、このカードを主軸とした様々なデッキが組まれたが、新章デュエル・マスターズ環境では【知新ジャスティス】においてS・トリガーのケア、無限ターンによる勝利の確定化などに利用されることがある。
使う場合は、《邪眼右神ニューオーダー》《テキサス・ストーム》《聖霊左神ジャスティス》《無双と竜機の伝説》といった具合に繋いでいって、S・トリガーのケアに使うのが一般的。カードの汎用性や色を考えると【知新ジャスティス】でも偶にピン挿しされる程度だが、これを締めに使う《テキサス・ストーム》による1ショットキルはライブラリアウト以外の勝ち筋をこれといって持たなかった頃の【知新ジャスティス】では考えられないほどの簡潔な勝ち方であると言える。

ただ単に【5色フェアリー・ミラクル】に搭載して、相手の《勝利のリュウセイ・カイザー》《リュウセイ・ジ・アース》を焼きつつエクストラターンを活かして体勢を整えるという運用も、大会では見られることもある。《龍装艦 ゴクガ・ロイザー》を事前に立てると手軽に2度打ちできるため、1度目のエクストラターンでさらに《大革命のD ワイルド・サファリ・チャンネル》を立て、そのまま2度目のエクストラターンでやりたい放題できる。

  • 《キング・ボルバルザーク》《気高き魂 不動》による無限ターンコンボがオーバーキルであることが公式動画によって証明されたことで開発されたカードであるとも言える。逆に言えばそれだけ環境が高速化してカードパワーのインフレが進んだという意味でもあろう。
  • 《無双竜機ボルバルザーク》の派生カードでパワー6000除去が再現されたのはこのカードが初めて。敗北条件と引き換えに追加ターンに唱えられなくなっている点を除けば本家ボルバルザークに一番近い効果を持っているといえる。(呪文ではあるが)

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考


公式Q&A

Q.最後の能力の「追加ターンにこの呪文を唱えることはできない」とはどういうことですか?
A.この呪文やほかの効果などによって自分のターンを続けて行うことになった場合、そのようにして得た新たなターンを追加のターンと呼びます。その間にこの呪文を唱えることはできないということです。
引用元

Q.《無双と竜機の伝説》を唱えたターンに、もう一枚《無双と竜機の伝説》を唱えることはできますか?
A.はい、できます。この呪文を唱えてもすぐに追加のターンになるわけではないので、追加のターンに移る前にこの呪文を再び唱えることは可能です。
引用元