無双(むそう)(しば)達閃(だせん)/パシフィック・スパーク》

無双の縛り 達閃 SR 光文明 (6)
クリーチャー:メタリカ 4500
ブロッカー
相手は、自身のターンに1体しかクリーチャーをバトルゾーンに出せない。
ラスト・バースト(このクリーチャーが破壊された時、このカードの呪文側をコストを支払わずに唱えてもよい)
パシフィック・スパーク SR 光文明 (3)
呪文
相手のクリーチャーをすべてタップする。

DMRP-07で登場したメタリカおよびツインパクト

クリーチャー面はラスト・バーストを持った中型のブロッカーコストの割にパワーはそれほど高くはないが、相手は自身のターンクリーチャーを1体しか出せないという《アイアン・マンハッタン》と同等のロック能力を持つ。
ただし、あちらがトリガー能力なのに対し、こちらは常在型能力なので除去されてしまうと簡単に解除されてしまう点と自分のターン中は能力が発動しない点に注意。

呪文面はS・トリガーの外れた《スーパー・スパーク》と言った性能。S・トリガーの無い呪文にS・トリガーが付くことでコスト+2となるならば、S・トリガーのある呪文からS・トリガーを削ることでコスト-2となった、と言ったところか。
クリーチャー面がブロッカーラスト・バーストを持つので、発動は簡単と思いきやパワーが4500と中途半端に高いため、相手がパワー4000以下の小型を並べて殴るデッキの場合、足止めは難しい。それをカバーするためにクリーチャー面にロック能力があるのかも知れない。

呪文面がS・トリガーを持たない点は、ニンジャ・ストライクによって召喚した《怒流牙 佐助の超人》でこれをディスカードしてからの《龍装艦 チェンジザ》能力発動で唱えることが可能なので、【チェンジザダンテ】ではほぼ問題にならない。

  • 名前の由来はまんま「出せん」。フレーバーテキストは薬物乱用防止のポスターのパロディである。このカード能力と合わせれば、昨今の環境が「1ターンでの大量展開・即死打点形成からの1ショットキル」であふれている事への皮肉ともとれる。

アニメ「デュエルマスターズ!」26話

ラビット大佐ゲオルグ・バーボシュタイン戦で使用。ロック効果をひび割れた地面からクリーチャーが出てくるところを塞ぐ描写でなされている。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMRP-07
    「ナラブ。ダメ。ゼッタイ。」
  • DMRP-07(シークレット版)
    無双の名の通り、双つ並ぶ事を許さない。

収録セット

参考


Last-modified: 2018-11-04 (日) 19:57:43