(アウト)(ロー)(カリバー) カツキングMAX(マックス)

無敵剣 カツキングMAX P(VR) 火/自然文明 (8)
エグザイル・クリーチャー:アウトレイジMAX 8000
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のパワー8000以下のクリーチャーを1体破壊する。
自分のターン中、クリーチャーを1体、自分のマナゾーンから召喚してもよい。
ドロン・ゴー:このクリーチャーが破壊された時、名前に《無》とあるエグザイル・クリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。
自分の他の、名前に《無敵》とあるエグザイル・クリーチャーをバトルゾーンに出すことはできない。

DMD-13で登場した/自然エグザイルアウトレイジMAX

cipでの除去マナゾーンからクリーチャー召喚できる能力、そしてドロン・ゴーを持つ。

マナゾーンからクリーチャー召喚できるカードは今まで《華憐妖精ミンメイ》《偽りの名 ハングリー・エレガンス》《偽りの王 カンタービレ》などがいたが、召喚できるクリーチャーの種類に制限がないのはこれが初めて。

序盤にマナゾーンに埋めたフィニッシャーを手軽にマナゾーンから出せるため利便性はかなり高い。単純にグッドスタッフデッキに入れるのはもちろん、重量級進化G・リンクのサポートなどにも使える。このクリーチャー自身も/自然多色なので【5色フェアリー・ミラクル】にも入る。

召喚なので、ゼニス召喚時限定能力も問題なく誘発する。また、自分のターン中であればマナゾーンにいるシノビニンジャ・ストライクによる召喚も可能である。
充分なマナブーストから、マナから《蛇手の親分ゴエモンキー!》を出せば《ボルバルザーク・エクス》と併せてマナゾーンからクリーチャーの大量展開ができる。

上記のシステムクリーチャーはいずれも除去耐性を持たず、バトルゾーンに出しても後続を召喚するマナが無く、返しのターン除去されることが多かったが、このクリーチャードロン・ゴーを持つため、その点を多少は克服している。

cipでの火力の範囲も広く、自身よりコストの低いクリーチャーであれば大半を討ち取ることができる。
さすがに8000以上の大型や大量展開してくる相手には苦しいが、そこはマナ召喚するクリーチャーで対処したい。また、破壊されると《無法伝説 カツマスター》へとドロン・ゴーしたり、更に《絶頂神話 カツムゲン》クライマックス・ドロン・ゴーできるので隙は少ない。

相手にしてみれば、この厄介なシステムクリーチャー破壊したつもりが、気がつけば自分のクリーチャーだけが一方的に破壊されていたということも起こり得る。破壊しても再び手札から《無敵剣 カツキングMAX》が出てくる上、大量に除去する《無法伝説 カツマスター》ドロン・ゴーしたり、クライマックス・ドロン・ゴー《絶頂神話 カツムゲン》が出てくる状況もある。

総じて強力なクリーチャーであり、文明の合うコントロールデッキにはドロン・ゴー元と共に採用を検討できる。汎用性の高い能力のため、様々なカードとの組み合わせが考えられる。

このカードコンセプトにしたデッキは「【カツキングMAX】」を参照。

  • アニメ「ビクトリーV3」では勝太の新たな切り札として登場。「アウトローカリバー」という技名を叫び、「正義は絶対カツキングMAX」と勝利セリフを決めた。

関連カード

収録セット

参考