命翼(メイヨク)(サバ)キ》

命翼ノ裁キ UC 光文明 (4)
呪文:裁きの紋章
自分の山札の上から1枚目を裏向きのまま、新しいシールドとしてシールドゾーンに置く。
この呪文を自分の手札から唱えた後、墓地に置くかわりに自分のシールド1つの上に表向きにして置く。(そのシールドの束は1つと数える)

DMRP-04裁で登場した裁きの紋章呪文

自分の山札の上から1枚シールド追加ができる。

裁きの紋章特有の表向きシールドに置かれる能力では、この呪文で追加したシールドも選べるため、シールドが0の状態からでも表向きシールドカードを用意できることになる。裁きの紋章の中では安定性は随一。

なんらかの手段で恒常的にS・トリガーを与えるとさらに凶悪なカードとなる。
S・トリガー手札から唱える能力であるため、このカードでできたシールドブレイクされても即座に裏向き1+表向きのこのカード1のシールドとして回復する。すなわちダイレクトアタックが通らなくなるのである。
もちろん実際はS・トリガー付与元のカード除去されたり、シールド追加を繰り返しすぎてライブラリアウトになったりすることはあるので油断は禁物。

この呪文S・トリガー化できるカードはいくつかあるが、中でも《革命聖龍 ウルトラスター》《DG 〜ヒトノ造リシモノ〜》《天雷龍姫エリザベス》《獅子頂龍 ライオネル》などが扱いやすい部類。特に《DG 〜ヒトノ造リシモノ〜》攻撃時にも暴発させることが可能であるため、他の裁きの紋章も重ねて置いて、同時に使い回しすれば攻勢の要としても使える。《暴輪ノ裁キ》と合わせればさらに防御も向上し、相手はシールド除去も狙いようがなくなる。

普通に使うとコストパフォーマンスはともかく性能としては地味なので、上記のようなコンボを狙って投入したい。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考