勇狩の蛮人(コアラ・ファイター)

勇狩の蛮人 C 自然文明 (4)
クリーチャー:ビーストフォーク 3000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選び、その2体をバトルさせる。

DMR-09で登場したビーストフォーク

cip能力により、バトルゾーンにある相手のクリーチャー1体を選び、自身と効果バトルをさせる。

実質的に3000火力cipを持つクリーチャーといえる。また相打ちしなければアタッカーとしても使えるため、ビートダウンデッキではなかなかの働きができる。同弾の《一撃奪取 ケラサス》から綺麗に繋がるのもポイント。

後に文明違いに1コスト軽くバトル時のパワーが1000高い《爆炎シューター マッカラン》が登場すると、以降はあちらとは異なり構築を縛らない点で差別化する必要に追われた。

ところが、やはり文明違いだが1コスト下に無条件で同じことをできる《ナグナグ・チュリス》が登場すると、立場が危うくなった。実質コストが同じ4なら汎用性の塊である《“乱振”舞神 G・W・D》が存在するのも痛い。まだ文明では差別化できるが、それにこだわらなければそれらの下位互換じみた存在となってしまう。

  • 「勇狩」はコアラの好物である「ユーカリ」とかけているのだろう。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMR-09
    勇敢に狩る!それが俺の仕事!そして一仕事終えたら……もちろんユーカリ! ---勇狩の蛮人

収録セット

参考


Last-modified: 2018-11-15 (木) 09:13:57