予言者(よげんしゃ)リク》

予言者リク C 光文明 (5)
クリーチャー:ライトブリンガー 1000
S・トリガー
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分のシールドが2つ以下であれば、自分の山札の上から1枚目を裏向きのまま、新しいシールドとしてシールドゾーンに加えてもよい。

DM-28で登場したS・トリガー付きライトブリンガー
cipにより自分のシールドがふたつ以下でシールドを増やせる。革命の祖というべきカードである。

いくらS・トリガーが付いているといってもコスト5は重く、また能力も確実性が薄いため使いにくい。
相手がコントロールデッキだった時点でほぼ確実に腐るため、投入は難しい。
もし使うなら【ベンゾビートダウン】のように積極的にシールドを消費していくデッキに組み込むべきか。

また、《アクア・スーパーエメラル》等で仕組んだシールドは警戒されやすく、積極的には割られにくいのでそれを逆手に取るのもいいかもしれない。
いずれにせよ、こういう制限付きの能力は使い手の腕次第である。

通常環境ではお呼びがかからないが、ブロック構築ではそこそこ優秀な防御札として偶に採用されることがある。
後に確実なシールド追加S・トリガーとして《フェザン・ルーラー》が登場。こちらはクリーチャーであることを生かす事が必要だろう。

  • 仮にシールドが2つ以下の時に無限にcipをトリガーさせても、シールドが3つを超えることはない。「自分のシールドが2つ以下であれば」という条件は解決時に参照されるため、いくらトリガー時には2つ以下だったとしてもシールドが3つになった時点で残りのトリガーが条件を満たせず、不発に終わってしまう。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考