竜星(りゅうせい)バルガライザー》

竜星バルガライザー P 火文明 (8)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン/サムライ 7000
スピードアタッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から1枚目を表向きにする。そのカードが進化ではないドラゴンであれば、バトルゾーンに出してもよい。

プロモーション・カードで登場したアーマード・ドラゴン/サムライ

単純に言えば、スピードアタッカーを得た《紅神龍バルガゲイザー》上位種

本家と比べると、コストが2重く進化クリーチャーは出せないが、パワーが上がりスピードアタッカーW・ブレイカーが付いた。能力《独裁者ケンジ・パンダネルラ将軍》能力ドラゴン版であり、表向きにしたカードドラゴンでなければ墓地に行かず山札の上にとどまる。

進化クリーチャーが出せなくなったが、【連ドラ】に入る進化クリーチャー《超竜バジュラ》《超天星バルガライゾウ》《超竜バジュラズテラ》ぐらいなので、そこまで問題にはならない。

最大の欠点はマナコストが重くなったこと。本家のような《コッコ・ルピア》からの高速召喚ができず、かなり重く感じる。

しかし、こちらはスピードアタッカーのおかげで1回は確実に能力を使うことができる点が強み。能力で出たドラゴンがこのカードなら更に追い撃ちをかけることもできる。
また、パワーが増えたことで火力殴り返しの耐性もつき、《紅神龍バルガゲイザー》よりも能力を使い続けられる可能性が高い。

後にドラゴンを持つ上位種《王・龍覇 グレンモルト「刃」》《爆熱天守 バトライ閣》呼び出し)や《無双龍幻バルガ・ド・ライバー》が登場しているが、このカードコスト8のため【連ドラ】では《トップ・オブ・ロマネスク》等から5→8とマナカーブが繋がりやすいという大きなメリットがある。
《バルガライザー》を起点として上位種を呼び出し、コスト踏み倒しを連鎖させて1ショットキルまで持ち込むのも一考だろう。

  • このカードの登場時点のカードプールでは《魂の呼び声》を軸とした3ターンキルを行うことができた。以下はその一例。
  1. 2ターン目:《フェアリー・ギフト》を唱えて《ドラゴンの執事ニャンパッタ》を召喚、《ニャンパッタ》でシールドをブレイク。相手シールド残り4枚
  2. 3ターン目開始時:《ニャンパッタ》を自壊、《バルガライザー》を場に。
  3. 3ターン目メインステップ:《魂の呼び声》でトップに《バルガライザー》を、2枚目と3枚目に適当なスピードアタッカードラゴンを仕込む。
  4. アタックステップ:《バルガライザー》で攻撃。《バルガライザー》のアタックトリガーで2体目の《バルガライザー》を場に。W・ブレイクにより相手シールド残り2枚。
    1. 2体目のバルガライザーで攻撃。その《バルガライザー》のアタックトリガーで適当なスピードアタッカードラゴンを場に。W・ブレイクにより、シールド残り0枚。
      1. 2体目のバルガライザーで出したドラゴンでダイレクトアタック。3ターンキル達成。
  • 初出は月刊コロコロコミック2009年1月号の付録(P26/Y7)であり、当時のスーパーレアと同じホイル仕様で収録された。しかし、DMC-49以降(食玩プロモ除く)はノーマル仕様での再録が続き、イラストも枠からはみ出ていない。
    また在庫を持て余しているのか、初期版のプロモカードはその後も2010年カレンダーの特典に、さらに数年挟みアニメ「VSR」エンディングテーマCD特典としても再配布された。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMC-49
    真紅の竜が駆け、彗星の如き竜が吼える!
  • DMX-16
    戦い好きな文明ドラゴンは、自分の出番を待ちきれず、戦いが始まったとなればすぐに駆けつける。
  • DMBD-05
    「バルガ」。それはドラゴンを呼び出す力を持った究極の龍に与えられる称号。
  • プロモ(P26/Y7)
    誇り高き魂が呼び合い、赤き流星となって戦場を駆け抜ける!!

収録セット

参考