龍圧(りゅうあつ)覚醒者(かくせいしゃ)ヴァーミリオン・ドラヴィタ》

龍圧の覚醒者ヴァーミリオン・ドラヴィタ SR 光/火文明 (14)
サイキック・クリーチャー:エンジェル・コマンド/アーマード・ドラゴン 12000
相手は呪文を唱えることができない。
このクリーチャーはタップされていないクリーチャーを攻撃できる。
T・ブレイカー
解除
覚醒前⇒《時空の精圧ドラヴィタ》

DM-37で登場したサイキックエンジェル・コマンド/アーマード・ドラゴン

覚醒前の《時空の精圧ドラヴィタ》単色であったが、覚醒したこちらは光/多色となり、種族アーマード・ドラゴンが追加されている。
相手への呪文ロックと、アンタップキラー能力を兼ね備えている。

聖霊王の戦術である「ロックをかけた上でのタップ&デストロイによる完全制圧」を、アンタップキラーによって単体で行う。呪文ロックした上での高パワーアンタップキラー]は、いわば呪文クリーチャーを同時にロックしてるようなものであり、極めて高い制圧力を持つ。
呪文が封じられてる以上、相手としてはクリーチャーで対処、もしくは押切り勝ちを狙わなければならないが、パワー12000未満のクリーチャーは一方的に破壊されてしまうため、対処しなければ盤面を保つのもままならない。しかしながら、呪文ロックの中で高パワー除去耐性持ちを処理するのは難しく、それも1ターン中もしくは覚醒条件をつぶしながらとなるとかなりの難易度である。
ただでさえ対処が難しいのに、対処がもたつくほどそれだけ盤面を制圧されてしまう。相手のデッキによってはそのまま完封されてしまうだろう。

ロック能力特有の、「S・トリガー革命0トリガーを封じることによる高いフィニッシュ力」も健在。T・ブレイカー《偽りの王 ナンバーナイン》なのだから、その性能はいわずもがなだろう。順当に覚醒したのなら、場にNEXフレイム・コマンドが2体以上いるはずなので、覚醒したそのターンに勝負を決めるのも難しくない。

このように単体で極めて高い性能を誇るが、12000というパワーは過信出来ないので注意。フィニッシャー級のファッティとなると13000以上のものが増えてくるため、先にフィニッシャーを出されてしまうと逆にこちらの頭が抑えられかねない。
また、タップ&デストロイで横倒しになっている所に、進化革命チェンジで大型を繰り出されると一方的に倒されてしまう。スピードアタッカーや、それによる侵略革命チェンジで強襲される可能性は十分にあり、覚醒に成功したとしても断じて気を抜いてはならない。幸いにも解除は持っているが、《暴走龍 5000GT》《百族の長 プチョヘンザ》だと周り諸共一発解体で壊滅するので要注意。
《偽りの王 ナンバーナイン》と違いパワーが高い上に解除もあるが、マッハファイターにも注意が必要。《ナ・チュラルゴ・デンジャー》など12000以上のものも多く、覚醒要因や覚醒条件を満たしていない本体を潰されながら頭を抑えられると一気に苦しくなる。

覚醒要因としては《時空の精圧ドラヴィタ》参照の他、《激相撲!ツッパリキシ》《覚星龍界 剣聖ジゲン》が上記の弱点をカバーしてくれるため相性がいい。

《激相撲!ツッパリキシ》《超次元ライデン・ホール》で簡単2体出すことが出来るサイキックフレイム・コマンドであり、彼の持つパンプアップ効果は、《無限掌》を内蔵している覚醒前、アンタップキラー覚醒後どちらにも強いシナジーがある。2体同時出しすれば《激相撲!ツッパリキシ》同士で強化しあうため、それなりに崩しにくい盤面を作り上げることが出来る。
また、上記の通り《ヴァーミリオン・ドラヴィタ》はパワーが12000とフィニッシャー級にしてはかなり低めであり、そこが露呈すると相手に突破を許してしまいかねない。アンタップキラーが有効に働かないと持ち前の制圧力が一気に落ちてしまうため、シナジーといより補完という意味で持ってこいの存在である。
コストサイキック・クリーチャーであるため、超次元ゾーンに枠があれば彼を採用することで、《ヴァーミリオン・ドラヴィタ》を覚醒を狙えるようになる手軽さが売り。

《覚星龍界 剣聖ジゲン》はその特異な効果により、無理矢理疑似覚醒させることが出来る。コスト9とかなり重めだが、覚醒は強襲する形となり即効性があるため、1ターン待たなければならい通常の覚醒よりもはるかに現実的である。
《覚星龍界 剣聖ジゲン》は《ドラヴィタ》同様《無限掌》内蔵であるため、《ヴァーミリオン・ドラヴィタ》で失ってしまった展開された盤面への制圧力を、超強化版で補ってくれる。カードパワーが高くグッドスタッフ性もあるため、下手なフレイム・コマンドを2体デッキに突っ込むよりは遥かにデッキ構築がしやすく、また腐りにくい。
《ヴァーミリオン・ドラヴィタ》が呪文ロックで彼を守ることになるため、非常に強力な盤面を構築することが出来る。パワーも14000と高く、天敵となる《暴走龍 5000GT》《百族の長 プチョヘンザ》に耐性があるも評価点。
T・ブレイカーファッティ2体という圧力の高い盤面、そして《覚星龍界 剣聖ジゲン》が詰め要因として非常に優秀であることから、攻めの立ち回りがしやすい組み合わせである。
なにより通常よりも覚醒が簡単で確実であるため、《ヴァーミリオン・ドラヴィタ》をメインフィニッシャーにするデッキであればこちら使うのが無難だろう。と

覚醒条件が厳しいが故に非常に強力なフィニッシャーである。覚醒に成功したなら、盤面制圧である程度負け筋をつぶした後、呪文ロックを盾にガンガンせめて行きたい。
ロックを過信して、くれぐれも逆転を許さないように。制圧が足りず負け筋になることもあるが、のろのろするのも相手に勝ち筋を遺し続けることになる。覚醒した時点で勝ちは濃厚であるため、くれぐれも足元をすくわれぬよう的確な判断を忘れないようにしたい。

  • 種族の変化に伴い、イラストにもアーマード・ドラゴンの要素が表れている。胸部の鳥頭は大口を開けた竜に変化し、機械的に整った体躯は屈強で筋肉質になっている。鋭利な足には指が生え、翼は完全に別物でまさに竜のそれである。
  • ヴァーミリオン(Vermillion)とは朱色という意味。

収録セット

参考