龍神(りゅうじん)メタル》

龍神メタル P 火文明 (7)
クリーチャー:ゴッド/アーマード・ドラゴン 7000+
W・ブレイカー
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある相手のクロスギア1枚か、相手のマナゾーンにあるカードを1枚選び、持ち主の墓地に置いてもよい。
G・リンク《龍神ヘヴィ》または《破壊神デス》の右横
このクリーチャーは、リンクしている時「T・ブレイカー」を得る。
このクリーチャー、《龍神ヘヴィ》、《破壊神デス》の3体がリンクしていて《破壊神デス》がバトルゾーンを離れた時、このクリーチャーを《龍神ヘヴィ》とリンクしてもよい。

DMC-40で登場したゴッド/アーマード・ドラゴン
cipマナクロスギア1つを墓地送りにできる。

クロスギア除去できるアーマード・ドラゴンはこれが初。相手によっては《バジュラズ・ソウル》《竜装 ザンゲキ・マッハアーマー》除去するのに役立つ。

それらを使わない相手にはランデスを行うことができる。マナブーストで早めに撃ち込んでやると効果的。状況に合わせて使い分けられるので効果が無駄にならずに済む。

《破壊神デス》《龍神ヘヴィ》《破壊神デスペラード》G・リンクもしくはトライ・G・リンクすることが可能。特に《龍神ヘヴィ》リンクすると強力であり、パワー12000となった自身に相手クリーチャーを自爆特攻させることができる。

《破壊神デスペラード》リンクしても強力であり、攻撃時にパワー12000未満のクリーチャー破壊するQ・ブレイカーとなる。

リンク時の能力T・ブレイカーの追加という他の2体とはあまりシナジーしない地味なもの。「ヘヴィ・デス・メタル」のパーツでも堅実で腐りにくい能力を持っているため、単体でも十分運用できる。

光臨ゴッドをサポートできる《神来のイザナイ 日蓮》で出せる点も注目したい。

  • 一番下の能力は「ヘヴィ・デス・メタル」の状態で真ん中のデスを切り離した場合のための能力。G・リンクによるリンクは通常場に出たときしか使えないので、このような効果がないとメタルとヘヴィが独立した1体ずつのクリーチャーの状態になってしまう。

リンク対象

関連カード

収録セット

参考


Last-modified: 2018-09-20 (木) 00:19:24