龍世界(りゅうせかい) ドラゴ大王(だいおう)

龍世界 ドラゴ大王 VIC 火文明 (10)
クリーチャー:レッド・コマンド・ドラゴン 13000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分のクリーチャーを1体と、相手のクリーチャーを1体、バトルゾーンから選んでもよい。その2体をバトルさせる。
ドラゴンではないクリーチャーがバトルゾーンに出る時、バトルゾーンに出るかわりに持ち主の墓地に置かれる。
T・ブレイカー

DMX-16で登場したビクトリーを持つレッド・コマンド・ドラゴン

単体で場に出すだけでも、13000未満を対象とした擬似火力を放ちながら強力なロックをかけることができる。
とはいえ、そのロックは自分にもかかることから、【連ドラ】などドラゴン中心のデッキで運用していくことになるだろう。
なお、バトルさせるクリーチャーは自分のクリーチャーと相手のクリーチャーそれぞれ1体ずつであればなんでもいいので、《伝説のレジェンド ドギラゴン》などバトルに勝利するとアドバンテージを得られるクリーチャーを選ぶことも出来る。

同文明同コストに強力なフィニッシャーが数多く存在するため、それらとの枠争いは避けられない。
殿堂入りだがアタックトリガーガチンコ・ジャッジに勝てばエクストラターンを得られる《勝利宣言 鬼丸「覇」》、2回ものT・ブレイカー火力を叩き込む《勝利天帝 Gメビウス》マナ武装が必要だが非常に突破力の高い《二刀龍覇 グレンモルト「王」》B・A・Dで2コスト軽減が可能でありタップされていればpigエクストラターンを得られる《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》、自分にも効果が及ぶとはいえ9000火力を放ち、このクリーチャーで相手クリーチャーを破壊すればドラゴンコスト踏み倒しできる《勝利のレジェンド ガイアール》プレミアム殿堂からの復帰を果たしたシールド焼却能力を持つ《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》が挙げられる。
それらと比べるとスピードアタッカーを持たないこちらは即効性において大きく劣るが、実質的な除去能力を持ち、ドラゴンを使わない相手には確実にロックできるので、堅実にバトルゾーンを支配することができる点を積極的に生かしていきたい。

登場時点の環境では重さ、自分へのデメリット、ドラゴンにはノータッチであることが祟って良いカード止まりの評価だった。その後、通称「VANナイン大王」と呼ばれるロックがビッグマナデッキのフィニッシャーとして注目された時期が存在したが、環境にドラゴンをフィニッシャーとするデッキが多かったこと、環境の高速化によりロック体制が間に合わないことなどの要因もあり、メタゲームに影響を及ぼすほどではなかった。さらに後に「VANモアイワルド」がビッグマナにおけるロックの主流となると、《界王類絶対目 ワルド・ブラッキオ》をこれの代わりに使っても詰めの性能は十分であること、自分のクリーチャーを出すことを阻害するデメリットなどが目立ってこのカードの評価は下がった。しかし下記のように《キングダム・オウ禍武斗/轟破天九十九語》のおかげでいわゆる「大王VANナイン」ごとこのカードは再評価の機会を得た。

  1. 《黒神龍オドル・ニードル》
  2. 《熱血龍 バトクロス・バトル》
  3. 《ジャジャーン・カイザー》
  4. 《龍素記号Sb リトマス》
  5. 《龍素記号Uc プレパラード》
  6. 《龍素記号St フラスコビーカ》
  7. 《デュアルショック・ドラゴン》
  8. 《青寂の精霊龍 カーネル》
  9. 《瞬防の精霊龍 サドニアラス》
  10. 《音階の精霊龍 コルティオール》
  11. 《メガ・ブレード・ドラゴン》
  12. 《雪鳥目 ペンタゴン》
  13. 《葉嵐類 ブルトラプス》
  14. 《龍装者 フィフス》
  15. 《龍装者 タルスーパ》
  16. 《龍装者 アブゾード》
  17. 《龍装者 レイバーン》
  18. 《龍装者 ルガリゴゴ》
  19. 《無双龍聖イージスブースト》
  20. 《王龍ショパン》(条件付き)
  21. 《金色目 ポラリス》(条件付き)
  22. 《緑罠類有毒目 トラップトプス》(条件付き)
  23. 《界王類邪龍目 ザ=デッドブラッキオ》(条件付き)
  24. 《記憶の精霊龍 ソウルガルド》(条件付き)
  25. 《龍素記号Sg スパゲリア》(条件付き)
  26. 《惨事の悪魔龍 ザンジデス》(条件付き)
  27. 《熱血龍 メッタギルス》(条件付き)
  28. 《新星!ベルナーレ》(条件付き)
  29. 《ミラクル・ミラダンテ》進化元ドラゴンの場合)
  30. 《ボルシャック・ドギラゴン》進化元ドラゴンの場合)

関連カード

収録セット

参考