《龍素記号Va ジェラード》

龍素記号Va ジェラード C 水文明 (5)
クリーチャー:クリスタル・コマンド・ドラゴン 5000

DMR-14で登場したクリスタル・コマンド・ドラゴン
中型のバニラ

いくら種族がよかろうと、このサイズバニラでは何の役にも立たない。単純なスペック《ルナ・フェザータワー》以下。

【バニラビート】でも重すぎるため、残念ながら使われることはないだろう。《紅神龍メルガルス》のような4マナ4000だったならばまだ可能性があっただけに非常に残念である。

もっぱら長々と書かれたフレーバーテキストを楽しむためのカードだろう。

  • 意外にも文明初の5コストパワー5000バニラである。しかし、水は軽量バニラに恵まれているので、このカードを投入する余裕があるかどうかは怪しい。
  • 龍素記号の“Va”は、バニラの英語綴り“vanilla”からだろうか。
  • 名前の「ジェラード」は、アメリカの物理学者「ジェラード・K・オニール」と氷菓の種類のひとつ「ジェラート」を掛け合わせたものだろう。

フレーバーテキスト

  • DMR-14
    ロボットビル地下1階に集まるピタゴラスの開発部メンバーは、エビデンスピタゴラスを龍波動の力で融合させる研究を開始。
    だが、アクア・メディアクリエイターの実力を疑問視し、科学の力を信じない一派は、龍素の別の可能性として龍脈術を研究する。
    その完成に大きく貢献したチュレンテンホウは、術英雄と呼ばれるようになった。

収録セット

参考