龍装(りゅうそう)(さと)天命(てんめい)/ヘブン・デ・エンドレーサ》

龍装の悟り 天命 SR 光文明 (7)
クリーチャー:ドラゴンギルド/メタリカ 7500
ブロッカー
W・ブレイカー
相手の光以外のクリーチャーと呪文は、召喚または唱えるコストが1多くなる。
自分の光のクリーチャーと呪文は、召喚または唱えるコストが1少なくなる。ただし、コストは0以下にならない。
ヘブン・デ・エンドレーサ SR 光文明 (4)
呪文
相手のクリーチャーを1体選び、裏向きにして、新しいシールドとして持ち主のシールドゾーンに置く。

DMRP-05で登場した光のドラゴンギルド/メタリカツインパクト

クリーチャー側はブロッカーW・ブレイカーに加え、自分には光限定のコスト軽減、相手には光以外に対するコスト増加を持つ。
どちらも対象のプレイヤーが指定されているため、自分が光以外の文明を使ってもコスト増加する事はなく、相手が白単であってもコスト軽減を逆利用される事もない。
相手が光文明を全く使わないデッキだと強く突き刺さる効果で、下手なマナブーストマナ破壊よりも影響が大きい。
ただし、どちらもクリーチャー呪文にしか反応しないため、クロスギアD2フィールドなどには対応しない点には注意。
メタリカかつドラゴンでもあるので、様々なサポートも受けられ、光のブロッカーなので、【ヘブンズ・ゲート】にも入る。

クリーチャー側も十分強いが、呪文側もかなり強力。光には少ない確定除去能力持ちであり、それをコスト4でできると言えば、その強さが分かるだろう。
回収手段の乏しいシールドに送られるので、同コストで多色である《スーパー獄門スマッシュ》よりも強力であると言える。
かの殿堂入り呪文《魂と記憶の盾》と比較しても、あちらより1コスト重く、相手のクリーチャーしか選べないものの、こちらは進化クリーチャーも対象なり、単色でもあるので、スペックはさほど負けていない。それほどのスペックの高さがありながら、ツインパクトなのだから、恐ろしい。

  • 『デュエル・マスターズ 双極篇フルコンプリートBOOK』には、4→5と綺麗にコストが繋がる点を活かし、呪文面を使って墓地に落とし次第《法と契約の秤》でリアニメイトする、という組み合わせが紹介されている。【チェンジザロージア】でもリアニメイト先は違えど同じような動きをするので、あながち安直な組み合わせとも言い難い。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMRP-05
    天命と向かい合いし時、己が運命を悟ることだろう。そう、天命は何度でも甦るのだ。

収録セット

参考


公式Q&A

Q.《ヘブン・デ・エンドレーサ》で無月の門でバトルゾーンに出た《無明夜叉羅ムカデ》を選んだ場合どうなりますか?
A.無月の門でバトルゾーンに出たクリーチャーは下にある魔導具を含めて1体のクリーチャーとして扱いますので、5枚すべてをシールドに置くことになります。この時、それら5枚は1つのシールドに5枚重ねられた状態で置かれるのではなく、バラバラの5つのシールドとしてシールドゾーンに置かれます。進化クリーチャーの場合も同様に処理にします。


Last-modified: 2018-11-07 (水) 17:36:31