龍装艦(りゅうそうかん) ゴクガ・ロイザー》

龍装艦 ゴクガ・ロイザー SR 水文明 (6)
クリーチャー:ドラゴンギルド/ムートピア 4000
ブロッカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを2枚引く。
呪文の効果によって相手がクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーは選ばれない。
呪文を自分の手札から唱えた時、その呪文を、墓地からコストを支払わずに唱えてもよい。

DMRP-05で登場したドラゴンギルド/ムートピア

《真実の名 アカデミー・マスター》よりもパワーが2000下がった代わりにコストが2小さくなった上に2ドローのcipが付き、さらにブロッカーと呪文限定のアンタッチャブルまで備えたクリーチャー

呪文の効果の増幅という点では《真実の名 アカデミー・マスター》と同じだが、ドローによってこのカードで活かすために唱えたい呪文手札に無い事態を防ぐことができ、アンタッチャブルで返しのターン除去される危険性を低下させることができ、《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》によるサポートやこのカードの効果による呪文の連打からなる妨害などのアドバンテージによりこのカードを無視して殴り切られるリスクをカバーできる。最悪の場合自前のブロッカーによってダイレクトアタックを回避することもできるため、2体以上並んで余った時にはそうしてもよいだろう。登場時点の環境における【青黒ハンデス超次元】【ドロマー超次元】でも十分間に合う上に安定して運用できるカードとなっている。

《クリスタル・メモリー》から《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》、そしてこのカードへは4→5→6と綺麗に繋がるため、殿堂入りとなった《超次元ガロウズ・ホール》を安定運用しつつ大きなアドバンテージを稼ぐには恵まれていよう。《クリスタル・メモリー》《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》S・トリガーを持っているので、それらの内のどちらか、あるいはその両方が捲れれば、ゲームの密度を上げることができるだろう。できれば、7コスト域の呪文につなげるようにしたい。《英知と追撃の宝剣》《無双と竜機の伝説》を唱えることができれば、一気にゲームを掌握することができるだろう。

単体でも十分強いが、《龍素記号Sr スペルサイクリカ》との相乗効果で殿堂入り呪文を無制限カードの如く気軽に連打できる。そのようなことから、このカードと同じ弾のウルトラゴールデンカードとして再録された《龍素記号Sr スペルサイクリカ》は、このカードのとの組み合わせを危惧されて殿堂入りするのではないかと囁かれるようになった。

呪文に選ばれないとはいえ、パワー4000は不安定なラインであり、マッハファイター(特に採用率が高く軽量な《オブラディ・ホーネット/「Let it Bee!」》)や《勝利のガイアール・カイザー》《“乱振”舞神 G・W・D》あたりに一方的に殴り倒される恐れがあるが、能力は強力なのでバランスを保っていると言えるだろう。

6コストという重さもマナブーストを絡めれば4ターン目には簡単に出てくるため大した問題ではなく、それどころか【ゴクガサイクル】の場合は《妖精の裏技ラララ・ライフ》などを絡めて3ターン目に出すこともできる。

もう1度唱える効果はコスト踏み倒しである。そのため、《闇鎧亜クイーン・アルカディアス》コスト踏み倒しメタにひっかかり、《百発人形マグナム》の影響を受ける。

  • 「デュエル・マスターズグランプリ-6th」は3人1組のチーム戦で行われたため、多くのアーキタイプに対してまんべんなく勝てるハンデス系統が勢いを呼んだが、3位入賞したチームの1人が使用する【ドロマー超次元】に3枚挿さっている以外は4位以内に入賞したデッキ12個における実績はなかった。やはりマナブーストなしの6コストからタイムラグが生じることやマナカーブの都合があることなどが、思ったより実績を伸ばさなかった要因であろう。
  • 【ゴクガサイクル】の成立によって高騰した1枚であり、元々ハイスペックなスーパーレアであることも相俟って、美品のシングルカードがDMRP-07期では3000円で販売されることも珍しくない。

関連カード

収録セット

参考