龍装者(りゅうそうしゃ) ジスタジオ》

龍装者 ジスタジオ VR 自然文明 (8)
クリーチャー:ドラゴンギルド/グランセクト 15000
ガードマン
T・ブレイカー
自分のパワー12000以上のクリーチャーは、バトルに負けた時以外、バトルゾーンを離れない。

DMRP-06で登場したドラゴンギルド/グランセクト

自分のパワー12000以上のクリーチャーすべてにバトル以外の除去耐性を与える。《完善武装 ルーパス》を超える最大のガードマンにしてT・ブレイカー

この効果はかなり優秀で、文明を問わない効果な上に、自身も対象となるため、非常に場持ちがいい。バトルに負けたときは場を離れるが、パワー12000以上のクリーチャーはそうそうバトルに負けるものではない上に、このクリーチャー自身がガードマンなので、パワー15000未満の相手のクリーチャーによるバトルなら、このクリーチャーで守ることができる。自身は《ドンジャングルS7》バトルで勝つパワーラインである。
さらに種族も優秀で、ドラゴンサポートとグランセクトサポートの両方を受けられる。《天風のゲイル・ヴェスパー》《ハイパー・マスティン》など、グランセクトにはパワー12000以上を参照する能力が多数あるので、それらとの相性もいい。

総じて、グランセクトや【ゲイル・ヴェスパー】など大型を並べるデッキとの相性が抜群なので、種族デッキやビッグマナで活躍する一枚と言えるだろう。

環境デッキを意識するなら【ブライゼシュート】に組み込むとよいだろう。コスト踏み倒しメタから味方を守れる上に、このクリーチャー自体自然を対象としたコスト踏み倒しに対応しているので運用性は抜群。

また、コスト8のドラゴンなので【5色ジャックポット・エントリー】が復権するカギともなるだろう。勿論パワー12000未満の味方のクリーチャーにはノータッチなので、これを活かすなら根本からデッキビルディングを見直す必要があるが。

  • 非常に強力な除去耐性だが、封印に対しては無力である点に注意。また、パワーが高いからといって油断していると、思わぬパワー低下を受け、バトルに負けてしまうこともあり得る。
    他にも、相手がクリーチャーを無視して自分に攻撃してくる可能性もある為バトルゾーンの状況によってはこのクリーチャーの能力を過信してはいけない。
  • 《完全不明》と相性がよい。先述の通りのこのクリーチャーの弱点を最小限にとどめるばかりではなく、向こうの弱点であった出しても何もすることなく除去されてバトルゾーンを離れるということがほぼなくなる。
  • グランセクトドラゴンギルドの中では元ネタになった生き物が分かりにくい1枚。恐らく、このクリーチャーは虫の太い足が特徴なのでコオロギを元にしていると思われる。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考