龍爪者(りゅうそうしゃ)SVN(セブン)”ムソウ/二爪流(にそうりゅう)トレーニング》

龍爪者“SVN”ムソウ SR 火文明 (6)
クリーチャー:ドラゴンギルド/ビートジョッキー 6000
W・ブレイカー
自分の手札に加える、コスト7以上のクリーチャーであるシールドカードすべてに、「S・トリガー」を与える。
このクリーチャーが攻撃する時、自分のシールドを1つ相手に選ばせてもよい。そのシールドを自分の手札に加える。(その「S・トリガー」を使ってもよい)
二爪流トレーニング SR 火文明 (2)
呪文
自分のクリーチャーを1体選ぶ。そのクリーチャーがこのターンはじめてタップされた時、アンタップする。

DMEX-04で登場したドラゴンギルド/ビートジョッキーツインパクト

クリーチャー面は《仰天無双 鬼セブン「勝」》同型再販
あちらと違いビートジョッキーのサポートを受けられるが、低コストクリーチャー中心で戦うビートジョッキーとこのカードの相性は今一つ。
ビートジョッキーとの相性が悪いだけでこのカード自体の性能は悪くないため、オリジナル同様【連ドラ】【ミステリー・キューブ】系列のデッキで活躍できるだろう。

S・トリガー付与を上手く扱えるデッキは、他には【ロック“SPK”スピーカー】が存在する。
《ケタノッコ・タンク/ケタノビール・ランサー》《イチゴッチ・タンク/レッツ・ゴイチゴ》などを踏み倒せる上に、このカード自身はコスト2として参照出来るため《ロック“SPK”スピーカー》の邪魔をしない。

呪文面は《二刀流トレーニング》と1文字違いの同型再販
アタックトリガー持ちとの相性がよいのは相変わらずだが、ビートジョッキーと組み合わせるとなると少し微妙な所になる。
そもそもビートジョッキーは速攻で押し切る一方、打点が少ない欠点を抱えており、バトルゾーンに出た後、cipなど一度きりで終わってしまうことが多い。
一方で《龍星装者 “B-我”ライザ》との相性はよく、両面共にコンボを組みやすい。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考


公式Q&A

Q.《龍爪者“SVN”ムソウ》が自分のバトルゾーンにいる時に、コスト6以下のクリーチャー側とコスト7以上の呪文側を持っているツインパクトカードをシールドとして手札に加えました。「S・トリガー」を使ってもよいですか?
A.いいえ、「コスト7以上のクリーチャー」であることが必要になりますので、クリーチャー側がコスト7でなくてはいけません。
引用元

Q.《龍爪者“SVN”ムソウ》が自分のバトルゾーンにいる時に、コスト6以下の呪文側とコスト7以上のクリーチャー側を持っているツインパクトカードをシールドとして手札に加えました。呪文側を「S・トリガー」として使ってもよいですか?
A.はい、「コスト7以上のクリーチャー」であることが条件で、それを満たしていればカード全体が「S・トリガー」を持ちますので、呪文側を「S・トリガー」で唱えることが可能です。
引用元