龍覇(りゅうは) サソリス》

龍覇 サソリス R 自然文明 (6)
クリーチャー:ビーストフォーク號/ドラグナー 4000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、コスト2以下のドラグハート1枚、または、コスト4以下の自然のドラグハートを1枚、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。(それがウエポンであれば、このクリーチャーに装備して出す)
このクリーチャーが破壊される時、墓地に置くかわりに自分のマナゾーンに置く。

DMR-13で登場したビーストフォーク號/ドラグナー

cipコスト2以下のドラグハート1枚、または自然のコスト4以下のドラグハート1枚を呼び出すことができる。また破壊されると、置換効果マナゾーンへ行く。
フレーバーテキストに反して自身のパワーがやや貧弱だが、破壊されたらマナに行くことにより、大型クリーチャーに繋げやすくなるので損失は少ない。

出せるドラグハートの範囲は広いが、同じくDMR-13に収録された《始原塊 ジュダイナ》との相性は特別優れているわけではない。コストは重くなるが種族ドラゴンを持つ《龍覇 ザ=デッドマン》《恐・龍覇 サソリスレイジ》装備させた方が性能をフルに発揮してくれるだろう。

むしろDMX-18で登場した《邪帝斧 ボアロアックス》を出すことが1番の目的となる。自然コスト5以下という制約はあるが、《始原塊 ジュダイナ》と違って呼び出してすぐにマナゾーンからコストを支払わずクリーチャーを出すことができる。

龍解するとフォートレスとして独立するので、返しの除去に対しても強い。この能力ドラゴンを展開した上で更に《始原塊 ジュダイナ》を出してやれば、両方の龍解条件を同時に満たしやすくなるだろう。

このカードを使ったデッキについては「【緑単サソリス】」を参照のこと。

  • ミスタードーナツとのコラボによるプロモカードも登場している。そちらのイラストではミスタードーナツの商品の一つ「ポン・デ・リング」を目を輝かせたサソリスが食べており、後ろにはポン・デ・リングを付けた《コッコ・ルピア》が飛んでいる。
    • プロモ化においては自然は比較的冷遇されがちなのだが、このサイクルに限っては《龍覇 グレンモルト》に次ぐプロモ化となった。《龍覇 サソリス》のキャラクターがドーナツと相性が良かったのだろうか。
  • DMX-22ではアルトアートとなって再録。更に《超覚醒ゼウス》《龍覇 グレンモルト》(入学式)のイラストにも登場している。
    • テキストで隠れていてわかりづらいが、グレンモルト(入学式)のイラストにいる《サソリス》はランドセルを背負っている。《サソリス》の左にいるのは《爆鏡 ヒビキ》であり、彼女もランドセルを背負っている。入学式に来ていることから彼らがモルトアイラたちと同級生であったことがわかる。
    • 単なるファンサービスととらえてもいいかもしれないが、もしかするとドラゴン・サーガ開始以前は両文明が仲が良かった可能性もある。

サイクル

DMR-13の上位ドラグナーサイクル。いずれもコスト6であり、同じ文明のコスト4のドラグハートを呼び出すことができる。

関連サイクル

DMR-13の下位ドラグナーサイクル。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMR-13
    こう見えて、腕力には自信があるほうでね。 ---龍覇 サソリス
  • DMX-22
    超ブラック・ボックスに僕が登場するカードが何種類あるかわかったらドングリをあげてもいいぞ。 ---龍覇 サソリス

収録セット

参考