龍覇(りゅうは) ストラス・アイラ》

龍覇 ストラス・アイラ C 火文明 (4)
クリーチャー:ヒューマノイド爆/ドラグナー 2000+
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、コスト2以下のドラグハートを1枚、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。(それがウエポンであれば、このクリーチャーに装備して出す)
バトルゾーンに自分の火のドラグハートがあれば、このクリーチャーのパワーは+2000される。

DMR-13で登場したヒューマノイド爆/ドラグナー
超次元ゾーンからコスト2以下のドラグハートバトルゾーンに出すcip能力と、自分のドラグハートがあればパワーが2000上昇する常在型能力を併せ持つ。

ドラグハート文明こそ指定されていないが、パンプアップ能力との兼ね合いを考えるとの2コストドラグハート・ウエポンを装備するのが基本となるだろう。
装備させるドラグハート・ウエポンの候補としては、以下が挙げられる。

【ヤヌスビート】との相性が良く、《時空の戦猫シンカイヤヌス》がある状態でこのクリーチャー召喚すれば即座にスピードアタッカー攻撃し、そのターンで龍解させることが可能となる。特に《斬鉄剣 ガイアール・ホーン》を装備して龍解させれば、W・ブレイカーである《熱血龍 ザンテツビッグ・ホーン》になるため、ビートダウンとしては非常に強力な攻め手となるだろう。

ただ、龍解裏返すだけであってバトルゾーンに出している訳では無いため、《二丁龍銃 マルチプライ》装備して《龍素記号nb ライプニッツ》にしても《時空の戦猫ヤヌスグレンオー》ループ覚醒しないので注意が必要。

革命編環境では【レッドゾーン】がまだ十分に条件の合う侵略元を確保できていなかった頃、《斬鉄剣 ガイアール・ホーン》を装備して侵略元にするプランが多く取られた。このカードのパワーアタッカーと《斬鉄剣 ガイアール・ホーン》のパワーアタッカーによってパワーが6000まで上昇するため、侵略できない場合でもブロッカーにはある程度強気に出ることができた。

  • 名前の由来はモルトウィスキーの一種である「ストラスアイラ」からだろう。もっと言えば「アイラ」はモルト・ウイスキーの蒸留を主要産業とするスコットランドの島、アイラ島に由来する。
  • 伊原しげかつ氏が描いた最初期のラフ画には目が描かれている。
  • 別冊コロコロにて藤異秀明氏が連載してる新たな背景ストーリー漫画「デュエル・マスターズSAGA」のヒロインでグレンモルトの幼馴染。
  • DMX-22《龍覇 グレンモルト》(3枚目と4枚目)のカードイラストではなんとアイラがグレンモルトと結婚し、その後老後まで連れ添ったようだ。もっとも初登場時から常にモルトのそばにいたことから納得ではあるが。

サイクル

DMR-13の下位ドラグナーサイクル。いずれもコスト4であり、コスト2以下のドラグハートを呼び出すことができる。

関連サイクル

DMR-13の上位ドラグナーサイクル。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考


Last-modified: 2018-12-03 (月) 19:11:43